『007』最新作が2012年11月に世界同時公開されることが正式発表!ダニエル・クレイグがボンド役に帰還!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
これでまた延期とかはナシですよ……-ダニエル・クレイグ - Patrick Riviere / Getty Images

 映画『007』シリーズ最新作が、再びジェームズ・ボンド役にダニエル・クレイグを迎え、2012年11月9日に世界同時公開することが発表された。この発表は『007』シリーズを製作してきたEON(イーオン・プロダクションズ)のマイケル・G・ウィルソンバーバラ・ブロッコリ、そしてMGM(メトロ・ゴールドウィン・メイヤー)のゲイリー・バーバーロジャー・バーン・バウムによって行われたもの。これにより、昨年から再開が予定されていたシリーズ23作目の製作が、本格的に始動することになった。

 監督は以前からこの新作ボンド映画製作に関わってきた映画『レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで』のサム・メンデスが務め、脚本は『007/ワールド・イズ・ノット・イナフ』を皮切りにこれまでのボンドシリーズを手掛けてきたニール・パーヴィスロバート・ウェイドに『ラスト サムライ』のジョン・ローガンが執筆する。また、クランクインは2011年後半になる予定で、ストーリーを含めた本作に関する詳細は明らかになっていない。

 製作スタジオであるMGMの財政危機問題により中断していたシリーズの復活に名匠サム・メンデス監督の残留。さらに、何といってもダニエルのボンド復帰と、シリーズファンにはまさに朗報といえるこの発表。新たなボンドのミッションは? そしてボンド・ガールは誰が務めるのか? など、続報が待たれるところだ。

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]