ベン・アフレック、レイチェル・マクアダムス主演のテレンス・マリックの新作タイトルは、『トゥー・ザ・ワンダー』

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
1年以上明かされなかったタイトルがついに発表! - 主演の一人のベン・アフレック - Stephen Lovekin / Getty Images

 ベン・アフレックと映画『君への誓い』のレイチェル・マクアダムスが共に主演を演じるほか、映画『ナイロビの蜂』でオスカー助演女優賞に輝いたレイチェル・ワイズ、映画『ノーカントリー』でオスカー助演男優賞に輝いたハビエル・バルデム、映画『007/慰めの報酬』のオルガ・キュリレンコなどの出演が伝えられていたテレンス・マリック監督の新作のタイトルが、『トゥ・ザ・ワンダー(原題) / To the Wonder』であることが明らかになった。

ベン・アフレック主演映画『世界で一番パパが好き!』写真ギャラリー

 長らくタイトル未定であった本作は、ウェブサイトThe Film Stageによれば、今年のカンヌ映画祭のセールスマーケットに登場する予定で、早くも“性的描写とヌードあり”の理由でR指定となっている。

[PR]

 アフレック演じる女たらしの男性が、旅先のパリで関係を持ったヨーロッパの女性(キュリレンコ)と、故郷のオクラホマで主に彼女のビザ目的で結婚するが、そこであれこれ過去にあった地元の女性(マクアダムス)との関係が再燃するというストーリー。

 本作は、マリック監督が映画『ツリー・オブ・ライフ』の次に手がけた作品。今後は、ブラッド・ピットエマ・トンプソンをナレーターに迎え、宇宙の誕生と死について検証した映画『ヴォヤージュ・オブ・タイム(原題) / Voyage of Time』が現在ポスプロ中、ライアン・ゴズリングナタリー・ポートマンクリスチャン・ベイルルーニー・マーラ出演の映画『ローレス(原題) / Lawless』の撮影が進行中、また、同じくポートマン、ベイルが揃う映画『ナイト・オブ・カップス(原題) / Knight of Cups』の製作準備が進んでいるところだ。

 『トゥ・ザ・ワンダー(原題)』は、2012年の公開が予定されている。(鯨岡孝子)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]