ジョン・タートゥーロ、 『ビッグ・リボウスキ』続編の権利取得に向けて画策中?

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
「『ビッグ・リボウスキ』おもしろいよね。またジーザスを演じたいな」「勝手にやってくれ」 - ジョン・タートゥーロとジョエル(右)&イーサン・コーエン兄弟 - Cindy Ord / Getty Images(左)Dave M. Benett / Getty Images(右)

 映画『トランスフォーマー』シリーズや、映画『オー・ブラザー!』『ビッグ・リボウスキ』などのコーエン兄弟作品で知られるジョン・タートゥーロが、『ビッグ・リボウスキ』続編の権利を取得しようとしていると、The Hollywood Reporterの取材でタートゥーロが明かした。

ウディ・アレン出演×ジョン・タートゥーロ出演・監督映画『ジゴロ・イン・ニューヨーク』フォトギャラリー

 1998年の本作は、同姓同名の金持ちと取り違えられた“ザ・デュード”ことジャフ・リボウスキが巻き込まれる珍事件の数々を描いたもの。ジョン・タートゥーロは、リボウスキがボウリング大会で対戦する相手、ジーザス・クィンタナを演じた。

 タートゥーロは、その奇抜なボウラー、ジーザスを主役にしたスピンオフとして、本作の続編製作を希望している。監督のコーエン兄弟は昨年、タートゥーロから続編のアイデアを持ちかけられているけれど、そもそも続編の製作には興味がないとし、可能性を否定していた。しかし、タートゥーロによれば、法律上の権利問題をクリアにしようとしているところで、「もし許可を得ることができれば、(ジーザスの)役をまた演じたい」とのことだ。(鯨岡孝子)

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]