DCコミックスの悪役チーム映画が始動!ライアン・ゴズリング、トム・ハーディ、ウィル・スミス集結か

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
豪華なアンチ・ヒーローチームは実現するか!? - 左からライアン・ゴズリング、トム・ハーディ、ウィル・スミス、マーゴット・ロビー - Steve Granitz / WireImage / Getty Images(左)Jon Kopaloff / FilmMagic / Getty Images(中左)Lester Cohen / WireImage / Getty Images(中右)Steve Granitz / WireImage / Getty Images(右)

 DCコミックス「スーサイド・スクワッド(原題) / Suicide Squad」の実写映画化作品のキャスト候補に、ライアン・ゴズリングトム・ハーディウィル・スミス、『ウルフ・オブ・ウォールストリート』などのマーゴット・ロビーが挙がっていることがわかった。The Hollywood Reporterなどが報じた。

 「スーサイド・スクワッド(原題)」は、政府に捕らえられた凶悪犯たちによって結成された秘密部隊スーサイド・スクワッドの活躍を描く作品。彼らは減刑と引き換えに、政府のために危険なミッションを遂行していくことになる。その映画化作品に、ワーナー・ブラザースは豪華俳優陣の出演を希望しているようだ。

 監督候補には『エンド・オブ・ウォッチ』『フューリー』のデヴィッド・エアーが挙がっており、プロデューサーは『ダークナイト ライジング』『マン・オブ・スティール』と、これまでにもDCコミックス映画を手掛けてきたチャールズ・ローヴェンが務めるという。

 全米公開は2016年を予定。企画はまだ初期段階で脚本も執筆中とのことなので、続報を待ちたい。(宮本裕人)

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]