『スター・ウォーズ』シリーズ6作を同時再生すると…?ぶっ飛んだ動画が話題に

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
タイトルロゴの違いが明らか!(画像はYouTubeのスクリーンショット)

 映像作家マーカス・ローゼントレィターが、絶大な人気を誇るジョージ・ルーカス監督の『スター・ウォーズ』シリーズ6作を同時再生した動画をYouTubeで公開。その動画は、 NY Daily News などさまざまな海外メディアで紹介されるほど話題になっている。

【写真】待望の新作!『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』

 同シリーズ6作を全て観たことのある人は多いに違いないが、6作を全て同時に観たことのある人はいないだろう。そんな未体験を可能にするのが、今回公開された動画だ。タイトルはその名も「Star Wars Wars: All 6 Films at Once」(スター・ウォーズ・ウォーズ:6作を同時に)。シリーズのエピソード1から6までが音声も含め、同時再生される。

[PR]

 この実験的映像を観ると、エピソードごとにタイトルロゴやテーマ曲のテンポのちょっとした違いなどが明らかだ。6エピソードが一斉に進むというだけあって、本編映像はカオスとなる。それでも、バトル真っただ中にレイア姫が落ち着いて語る場面など、思わぬ偶然が笑いを誘う。

 動画には「これを最後まで観られる人はハイになっている人に違いない……」「コカインをやっているアナキンの記憶を見ているみたいだ」「なんて面白い試みなんだ。お見事」など、さまざまなコメントが寄せられている。今年公開の新作『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』(日本公開予定12月18日)に向けて、冗談めかしてこの動画で予習・復習することを勧める海外メディアも多かった。(編集部・石神恵美子)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]