実写版『ターザン』海外版予告編が公開 走る、ほえる、戦う!アクション満載

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
ターザンもゴリラもりりしい!(画像はオフィシャルサイトのスクリーンショット)

 「ターザン」の物語をワーナー・ブラザースが新たに実写映画化する『ザ・レジェンド・オブ・ターザン(原題) / The Legend of Tarzan』の海外版予告編が公開された。映像には『バトルシップ』やテレビドラマ「トゥルーブラッド」のアレキサンダー・スカルスガルドふんするターザンがジャングルを駆け抜け、敵と戦う様子が映し出されている。

 SF作家としても知られるエドガー・ライス・バローズの小説「ターザン」を基にした本作は、ジョン・クレイトン3世として生きていくために妻のジェーンと共にジャングルを去ったターザンが、復讐の罠と知らずに特使としてコンゴに招かれるところから物語が展開する。予告編は、ターザンがジャングルを疾走し、雄たけびを上げ、ツタからツタへ乗り移るお約束シーンなどが見られ、ジャングルの住民やゴリラとのタイマン対決が繰り広げられるなど、アクション性に富んだ内容となっている。

 本作では『ウルフ・オブ・ウォールストリート』のマーゴット・ロビーがターザンの妻ジェーンを、『イングロリアス・バスターズ』のクリストフ・ヴァルツが敵役のレオン・ロムを演じる。そのほか、サミュエル・L・ジャクソン、『アイリス』のジム・ブロードベントといった豪華キャストが出演する。監督は『ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団』などのデヴィッド・イェーツ。2016年7月1日より全米公開される。(編集部・那須本康)

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]