シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

伊藤英明、藤原竜也との初共演作を降板したい衝動あった?「もめてもいい」

伊藤英明、藤原竜也との初共演作を降板したい衝動あった?「もめてもいい」
あいかわらずダンディーな伊藤英明

 俳優の伊藤英明が16日、都内で行われた映画『22年目の告白−私が殺人犯です−』ジャパンプレミアイベントにW主演の藤原竜也とともに出席し、撮影3日目で「もめてもいいから辞めようかな」と降板したい衝動が沸き起こったことを告白した。この日は、夏帆、野村周平、石橋杏奈、竜星涼、早乙女太一、平田満、岩城滉一、仲村トオル、入江悠監督も来場した。

 本作は未解決のまま時効を迎えた連続殺人事件の犯人が、事件発生から22年後に殺人手記の出版記者会見を行うところから始まる衝撃のミステリー。「私が殺人犯です」という告白は始まりに過ぎず、日本中を巻き込んだ新たなゲームが動き出す。

 伊藤と藤原の初共演にも注目が集まっている同作において、伊藤は事件の真相を追い続ける刑事・牧村航を熱演している。その撮影は過酷を極めたそうで、伊藤は「今までのキャリアで一番きつかったです。初日から昼夜逆転で、3日間(平田)満さんと走るだけでした」と振り返ると、「どんなにもめてもいいから辞めようかなと思いました」とぶっちゃける。とはいえ大ベテランの平田も力走していたわけで、伊藤は「無言で応援されている感じを受け取りながら、何とか乗り切ることができました」と晴れやかな表情を見せた。

 一方の藤原は、全国民を魅了する「美しき謎の殺人犯」というかつてない役柄について、「(役者として)いろんな人から受け継いだ熱いものを持って演じていけばいいんじゃないのかな……」と役者人生をかけて臨んだことを打ち明けた。

画像テキスト
過酷な撮影を乗り切ったキャスト陣

 この日登壇したキャストたちはそれぞれに撮影エピソードを紹介。早乙女は伊藤に一本背負いをされる場面でコンクリートに頭から落ちそうになったところを、伊藤がとっさに地面と頭の間に腿を入れてかばってくれたことを話し、「めちゃくちゃキュンとしました」と目をハートにしていた。(取材/錦怜那)

映画『22年目の告白−私が殺人犯です−』は6月10日より全国公開


楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画ニュース
  2. 2017年
  3. 5月
  4. 16日
  5. 伊藤英明、藤原竜也との初共演作を降板したい衝動あった?「もめてもいい」