シネマトゥデイ

シュワちゃん参戦!80年代愛タップリ『カン・フューリー』長編映画がスゴイことに

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
何が始まるんです? 『カン・フューリー』長編に出演するアーノルド・シュワルツェネッガー - Amanda Edwards / WireImage / Getty Images

 1980年代に多大なリスペクトを捧げた短編アクション『KUNG FURY/カン・フューリー』の長編映画化企画に、豪華スターが集結している。『X-MEN』シリーズのマイケル・ファスベンダー、「ナイトライダー」のデヴィッド・ハッセルホフに加え、ついにアーノルド・シュワルツェネッガーまで参戦すると The Hollywood Reporter が報じた。

【動画】『KUNG FURY/カン・フューリー』

 『カン・フューリー』は、1985年のマイアミで、雷に打たれてカンフーパワーを身につけた刑事が、時をさかのぼって恐竜や女バイキングなど個性的な仲間たちと出会い、いろいろあって独裁者ヒトラーとの決戦に挑む姿を描いた作品。あまりに荒唐無稽なストーリーに、80年代への愛とハードな描写を散りばめた内容が熱狂的な支持を集め、カルト映画化している。

[PR]

 スウェーデンの映像クリエイター、デヴィッド・サンバーグが自ら主演・監督して予告編を製作し、クラウドファンディングサービス「キックスターター」で支援を募集。目標額20万ドル(2,200万円)のところ、63万ドル(6,930万円)を超える資金を集めて製作された。30分ほどの本編はインターネット上でも公開されており、YouTube上だけで3,000万再生に迫る絶大な支持を集めている。(1ドル110円計算)

 長編企画は、『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』を手掛けたデヴィッド・カッツェンバーグセス・グレアム=スミスらがプロデュース。シュワルツェネッガーはアメリカ大統領役で出演するという。Twitter上でトランプ大統領との舌戦を繰り広げたこともあるだけに、話題を呼びそうだ。サンバーグ自身も出演し、製作にも携わるということだが、監督の人選についてはまだ発表されていない。(編集部・入倉功一)

» 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]