セクハラ騒動で俳優降板のリドリー・スコット監督作5・25公開決定!

リドリー・スコット監督の仕事の速さよ…『ゲティ家の身代金』日本語版ビジュアル
リドリー・スコット監督の仕事の速さよ…『ゲティ家の身代金』日本語版ビジュアル - (C)2017 ALL THE MONEY US, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

 俳優ケヴィン・スペイシーのセクハラ疑惑発覚により降板騒動が起きた、リドリー・スコット監督の新作『オール・ザ・マネー・イン・ザ・ワールド(原題)』の邦題が、『ゲティ家の身代金』に決定し、公開日が5月25日と発表された。

降板したケヴィン・スペイシー【写真】

 『エイリアン』『ブレードランナー』などの巨匠スコット監督が、1973年に起きた大富豪ジャン・ポール・ゲティの孫の誘拐事件を映画化した本作。“世界中のすべての金を手にした”とまで言われた石油王ゲティが孫ポールの身代金として要求された1,700万ドル(当時のレートで約50億円)の支払いをまさかの拒否したことはあまりにも有名だが、その裏であまり語られていない、ゲティと誘拐犯との間で戦い続けたポールの母親の存在に迫る。

[PR]

 その勇敢な母親ゲイルを演じたのは、『ブルーバレンタイン』『マリリン 7日間の恋』でアカデミー賞主演女優賞にノミネートされたことのあるミシェル・ウィリアムズ。ゲティに誘拐犯との交渉のために雇われ、次第にゲイルを助ける存在となっていく元CIAのフレッチャー・チェイスを演じたのは、『テッド』などのマーク・ウォールバーグ。さらに、セクハラ疑惑の発覚により降板したスペイシーに代わって、大富豪のゲティ役を務めたのは、名優クリストファー・プラマーだ。

 映画はすでに完成し、全米公開を1か月後に控えていた中でスペイシーの降板騒動が勃発。スコット監督は再撮影を決行し、プラマーがキャスティングされた1週間後には撮影を開始し、その2週間後には映画を完成させ、アカデミー賞(助演男優賞)、ゴールデングローブ賞(監督賞、主演女優賞、助演男優賞)、英国アカデミー賞(助演男優賞)にノミネートされるという快挙を果たすこととなる。プラマーは本作で自らが持つアカデミー賞演技部門ノミネートの歴代最高齢記録を更新した。(編集部・石神恵美子)

映画『ゲティ家の身代金』は5月25日より全国公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]