『アベンジャーズ』ガーディアンズ吹き替え陣、銀のスーツで団結力を見せる!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
『アベンジャーズ』シリーズ史上、最も豪華な吹き替えキャストが集結!

 映画『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』ジャパンプレミアが24日、TOHOシネマズ六本木ヒルズにて行なわれ、日本語吹き替え版キャストの米倉涼子(ブラック・ウィドウ役)、山寺宏一(スター・ロード役)、加藤浩次(ロケット役)、遠藤憲一(グルート役)、溝端淳平(ファルコン役)、秋元才加(マンティス役)、ももいろクローバーZ百田夏菜子(シュリ役)が出席。今作でアベンジャーズ入りを果たす『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』の吹き替え陣が、メンバー同士の団結力を披露した。

【フォトギャラリー】豪華吹き替えキャスト陣が集結したジャパンプレミア

 本作は、アベンジャーズと最強の敵・サノスの戦いを描いたアクション大作。ドクター・ストレンジ、ブラックパンサー、ガーディアンズ・オブ・ギャラクシーが新たに参戦することも話題となっている。

[PR]

 アイアンマンやキャプテン・アメリカ、スパイダーマンらアベンジャーズの活躍も見どころだが、何よりも注目なのが“銀河一の落ちこぼれ”と呼ばれているガーディアンズ・オブ・ギャラクシーの参加だ。アベンジャーズとしてすでに活躍するブラック・ウィドウの吹き替えを担当する米倉は「アベンジャーズは地球を守ってきましたから」と本作での活躍を約束する。

 すると、ガーディアンズチームの代表として、山寺は「仲間として迎え入れてくれたことには感謝しています」と言いつつも「みなさんは地球を守っているかもしれませんが、僕らは銀河ですから」と対抗意識を燃やす。加藤が「見てくださいよ、今日僕らは銀河をイメージしたシルバーのスーツで統一してきたんですから」とチームワークの良さを強調すれば、秋元も「ガーディアンズは銀河を守ってきたので、力になると思いますよ」と存在感をアピールしていた。

 そんなガーディアンズ組の結束力に、米倉が「団結力あるな~」と脱帽すると、アベンジャーズ組の結束を聞かれた溝端が「僕が米倉さんとぶつかるわけないじゃないですか。恐れ多いですよ」と主従関係(!?)を強調。それを見ていた加藤も「我々は米倉さんにちょっとビビってますよね」と山寺と共に及び腰で米倉に接していることを明かしていた。

 また、『ブラックパンサー』公開後、最速でアベンジャーズ入りを果たしたシュリ役の百田は「いや~圧がすごいです。本当にすごい方々とこうして舞台に立たせていただいていることはうれしい。シェリは天才科学者なので、頭脳でみなさんの力になれればいいなと思っています」と笑顔で語っていた。(磯部正和)

映画『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』は4月27日より全国公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]