『志乃ちゃんは自分の名前が言えない』実写版は100点の出来!原作者大満足

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
原作者の押見修造、蒔田彩珠、南沙良、萩原利久、湯浅弘章監督

 映画『志乃ちゃんは自分の名前が言えない』の初日舞台あいさつが14日に都内で行われ、主演の南沙良蒔田彩珠、共演の萩原利久湯浅弘章監督、原作者の押見修造が登壇した。押見は「演技が生々しくて、生きている姿をのぞき見しているかのよう。感動的でした。(点数をつけるなら)もう100点以外に言いようがないです」とその出来に大満足の様子だった。

南沙良&蒔田彩珠主演『志乃ちゃんは自分の名前が言えない』予告編

 「ぼくは麻理のなか」「血の轍」などの漫画家・押見の実体験をベースにした本作は、吃音で周囲になじめない高校1年生の志乃と、音楽が生きがいなのに音痴な加代が、不器用にも交流していく姿を描いた青春ドラマ。

[PR]

 志乃役は、雑誌「nicola(ニコラ)」の専属モデルとして活躍するほか、女優デビュー作『幼な子われらに生まれ』での演技が浅野忠信ら共演者から絶賛された南だ。押見の原作を読んで初めて吃音を知ったという彼女は、湯浅監督から「一つのシーンごとに志乃が感じたことを忘れずに、ラストシーンまで大切に自分の中にしまっておいてほしい」と言われ、「その言葉を大事に演技しました」と撮影を振り返る。

 一方、加代役の蒔田も、映画『三度目の殺人』やテレビドラマ「anone」など注目作への出演が続く。蒔田は本作での演技について「志乃も加代も、人から笑われることのツラさを知っているので、加代は、誰よりも志乃の気持ちをくんで、志乃の言葉や、彼女の気持ちを、最後までちゃんと待つことを大切にしました」と述懐。志乃と加代の心の触れ合い、刻々と変化する二人の友情や距離感が、物語にリアリティーを与えている。

 難役を演じきった南は「自分の中にもたくさんのコンプレックスやイヤな部分があって、今まではそれをどうやって排除するか、普通に戻すかと考えていましたが、この作品に出会って、そのイヤな部分とどう向き合い、帰る場所を見つけてあげるかが大切なんだと、気づきました。そのきっかけをくれた作品です」と最後に力強くコメント。押見も「自分のことを1回でも嫌いだと思ったことのある人は、本作の中のどこかしらに、必ず自分の後ろ姿を発見できるんじゃないか」と本作の出来をたたえていた。(取材・文:岸田智)

映画『志乃ちゃんは自分の名前が言えない』は公開中

» 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]