岸井ゆきの、恋にいちずなヒロインとの共通点明かす

第31回東京国際映画祭

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
主演の岸井ゆきの

 開催中の第31回東京国際映画祭でコンペティション部門に選出されている映画『愛がなんだ』(2019年春公開)の記者会見と舞台あいさつが28日、TOHOシネマズ 六本木ヒルズで行われ、岸井ゆきの若葉竜也今泉力哉監督が出席した。

【写真】岸井ゆきの×成田凌『愛がなんだ』

 直木賞作家・角田光代の同名恋愛小説を映画化した本作は、好きになってくれない相手に自分の時間全てを捧げるいちずな28歳のヒロイン・テルコ(岸井)の恋模様を描くラブストーリー。記者会見には岸井と今泉監督、舞台あいさつには若葉が加わって撮影の裏話などを語った。

[PR]

若葉竜也、岸井、今泉力哉監督

 岸井は本作のお披露目の場が東京国際映画祭となったことに感慨深げ。「映画祭という場所でこの映画が羽ばたくのが楽しみでした。国内外の人にどういう反応がもらえるかドキドキしています」。オファーがあった際は「まず原作を読んで、読んだ瞬間にこの役ができるんだって嬉しかった」と喜び、「脚本が来たときも原作へのリスペクトも感じつつ、映画にできることは何かという思いも込められていて楽しみでした」と思いを膨らませたという。

 テルコと自分は似ているとも話し「原作を読んだときに自分もこういうところあるなって。好きなことに対して一直線になるところがあって、そこは自分に似ているなと思いました。わたしも好きな人ができたときは、(相手の前でうまく)喋れなくなる。いかに自分がバカになるか、ちょっとふざけた気持ちでガッと行って(アプローチして)しまったりすることが多いです」と共通点を明かした。

[PR]

 撮影現場では今泉監督とコミュニケーションを取り合いながらテルコ像を作り上げていったといい、「今泉さんは何か決めて、ああしてほしい、こうしてほしいという演出はしなかった。こうしたらどうですかって言うとやってみたらって。最初は監督に答えを求めに行くことが多かったけど、すぐにそうじゃないんだなというのがわかったんです」と回顧。「この作品にとっては迷いながらやったほうがテルコの気持ちをうまく表現できるんじゃないかって。だから2人で悩みながらテルコを作っていけたのはよかった」と充実の表情で話した。(取材・文:名鹿祥史)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]