『男はつらいよ』新キャスト13名発表 池脇千鶴、桜田ひよりら山田組初参加

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
シリーズ50作目『男はつらいよ50 おかえり、寅さん(仮題)』新キャスト - (C)2019松竹株株式会社

 『男はつらいよ』シリーズ22年ぶり、50作目となる『男はつらいよ50 おかえり、寅さん(仮題)』(2019年12月27日公開)の新キャスト13名が発表。女優の池脇千鶴桜田ひよりが重要な役どころで山田洋次監督作品に初参加することが明らかになった。その他の新キャストは、美保純佐藤蛾次郎北山雅康笹野高史出川哲朗カンニング竹山濱田マリ林家たま平ら。

【写真】ゴクミが変わらぬ美貌!『男はつらいよ』新作映画製作会見

 1997年公開の第49作『男はつらいよ 寅次郎ハイビスカスの花 特別篇』以来、車寅次郎(故・渥美清さん)の甥・満男(吉岡秀隆)と、満男がかつて思いを寄せたイズミ(後藤久美子)のその後を描く本作。既報として吉岡、後藤のほか倍賞千恵子前田吟夏木マリ浅丘ルリ子が出演が決定。池脇は、小説家となった満男の編集担当・高野節子に、桜田は、満男の娘・諏訪ユリにふんする。

[PR]

 池脇は初の山田組に「緊張感があって、でも厳しいというよりは優しく、細かく。山田監督が書かれた脚本にプラスして、現場でも監督がその時々に求めていることに応えられたらいいなと思い、撮影に臨んでいました」とコメント。オーディションを受けて役を射止めた桜田は「監督からは『変に作り込むのではなく、台本をきちんと読んで、自然体で来てほしい』とアドバイスを頂いたので、山田組に身を任せて沢山のことを吸収したいと思い、頑張りました」と感想を述べている。

 シリーズでおなじみの面々で、朝日印刷タコ社長の娘・朱美を美保純、柴又帝釈天題経寺の寺男・源公を佐藤蛾次郎が続投。山田組常連の橋爪功と小林稔侍が、それぞれイズミの父親・及川一男、満男の義理の父親・窪田に。柴又帝釈天題経寺の住職、御前様を、同じく山田組常連で『男はつらいよ』シリーズでさまざまな役で登場してきた笹野高史が務める。

 そのほか、新しくカフェになったくるまやの店長・三平役に『小さいおうち』『家族はつらいよ』シリーズなどの山田作品に出演した北山雅康、第37~41作でエキストラとして参加していた出川哲朗が出版社の社員・山中に。立川志らくが、劇中でも噺家として登場する。

 山田組初参加の面々として、節子(池脇)が勤める出版社の編集長・飯田役にお笑いタレントで俳優のカンニング竹山、書店の客に映画『血と骨』、テレビドラマ「過保護のカホコ」などの濱田マリ、ケアセンターの職員役に落語家の林家たま平が決定した。(編集部・石井百合子)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]