ピエール瀧の逮捕で広がる波紋…出演作は「対応を協議中」

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
出演作はどうなるのか。(写真は2018年撮影)

 ミュージシャンで俳優のピエール瀧が逮捕されたことを受け、出演するドラマや映画作品に波紋が広がっている。

『麻雀放浪記2020』のピエール瀧【写真】

 放送中のNHK大河ドラマ「いだてん ~東京オリムピック噺(ばなし)~」(総合・日曜20時~ほか)では、主人公の金栗四三(中村勘九郎)が履く足袋屋の店主で足袋職人・黒坂幸作を演じているが、NHKは「対応を検討中」とコメント。

[PR]

 4月5日公開予定の映画『麻雀放浪記2020』(斎藤工主演、白石和彌監督)では、元五輪組織委員会会長・杜役を務めているが、配給は「対応を協議中」としている。

 そのほか、映画『居眠り磐音』(5月17日公開予定、松坂桃李主演、本木克英監督)や映画『ロマンスドール』(今秋公開予定、高橋一生主演、タナダユキ監督)といった出演作が待機しているが、『ロマンスドール』は「状況を確認中で、公開については製作委員会で協議中」としている。

 ディズニーの大ヒットアニメーション映画『アナと雪の女王』のオラフ役の声優としてもおなじみのピエール。名バイプレーヤーとして独特の存在感を発揮してきただけに、作品への影響は計り知れない。(編集部・小松芙未)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]