チャッキーが最新テクノロジーで進化!『チャイルド・プレイ』特報&ポスタービジュアル

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
殺人人形による殺戮、再び。 -映画『チャイルド・プレイ』ポスタービジュアル - (c) 2019 Orion Releasing LLC. All Rights Reserved.Distributed Through United Artists Releasing CHILD’S PLAY is a trademark of Orion Pictures Corporation. All Rights Reserved.

 人気ホラーシリーズを新たに蘇らせた映画『チャイルド・プレイ』の特報とポスタービジュアルが公開され、最新テクノロジーによって進化した殺人人形チャッキーが引き起こす恐怖の一部が明らかになった。

【動画】映画『チャイルド・プレイ』特報

 『チャイルド・プレイ』は、凶悪犯の魂が宿った人形チャッキーによる殺戮を描いたホラー。1988年に1作目が公開されると、キュートな人形からは想像がつかないチャッキーの変貌ぶりが人気を博し、2017年の『チャイルド・プレイ ~チャッキーの狂気病棟~』(劇場未公開)まで計7作が製作される人気シリーズとなった。

[PR]

 最新作のチャッキーは、最先端企業が提供する“バディ人形”。映像では、チャッキーに搭載された画像認識機能が作動し、持ち主の少年アンディをスキャンする場面が収められており、進化したチャッキーによる新たな殺戮劇の始まりを予感させる。

 またポスタービジュアルでは、刃物を構え、青い目をちらつかせるチャッキーの姿が恐怖心をあおる。今回のチャッキーは、どのような手段で人々を恐怖に陥れるのか気になるところだ。

 メガホンを取ったのは、ホラー映画『ポラロイド(原題) / Polaroid』のラース・クレヴバーグ監督。少年アンディを『アナベル 死霊館の人形』などのガブリエル・ベイトマンが演じたほか、海外ドラマ「レギオン」のオーブリー・プラザ、『ビール・ストリートの恋人たち』のブライアン・タイリー・ヘンリーが共演に名を連ねる。ホラー映画『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』のプロデューサーで知られるデヴィッド・カッツェンバーグセス・グレアム=スミスが製作を担当した。(編集部・倉本拓弥)

映画『チャイルド・プレイ』は7月19日より全国公開

» 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]