『ブレードランナー』ロイ役ルトガー・ハウアーさん死去 75歳

ご冥福をお祈りします - 映画『ブレードランナー』でのルトガー・ハウアーさん
ご冥福をお祈りします - 映画『ブレードランナー』でのルトガー・ハウアーさん - Warner Bros / Photofest / ゲッティ イメージズ

 映画『ブレードランナー』で反逆したレプリカントたちのリーダー、ロイ・バティーを演じたことなどで知られるオランダ人俳優ルトガー・ハウアーさんが現地時間19日、オランダの自宅で死去した。75歳だった。

【画像】年を重ねてもカッコよかったルトガー・ハウアーさん

 ルトガーさんのエージェントが The Hollywood Reporter に語ったところによると、葬儀を先に済ませたいという遺族の意向で、公表がこのタイミングになったのだという。葬儀は24日に執り行われた。ルトガーさんの公式サイトには、彼が短い闘病生活の末(病名は明かされていない)、安らかに自宅で息を引き取ったとつづられている。

[PR]

 オランダ国内外で100作以上の映画に出演したルトガーさん。リドリー・スコット監督は、『ルトガー・ハウアー/危険な愛』『娼婦ケティ』『女王陛下の戦士』などポール・ヴァーホーヴェン監督作に主演しているルトガーさんを見て、『ブレードランナー』(1982)のロイ役に抜てき。「雨の中の涙のように……」という有名なラストの独白のセリフはルトガーさんが提案したことで知られる。

 『ヒッチャー』『ナイトホークス』『バイオレント・サタデー』『WANTED/ウォンテッド』『バッフィ/ザ・バンパイア・キラー』『コンフェッション』『バットマン ビギンズ』『シン・シティ』『ホーボー・ウィズ・ショットガン』『ヴァレリアン 千の惑星の救世主』などハリウッド映画や大作でも活躍。俳優としての活動の傍ら、自らの非営利団体「スターフィッシュ・アソシエーション」を通じてエイズ患者を支援する活動も積極的に行ってきた人物だ。

 日本では現在、出演作『ゴールデン・リバー』(ジャック・オーディアール監督)が公開中。今年は『ブレードランナー』の舞台となった2019年ということで、『ブレードランナー ファイナル・カット』がIMAXシアターにて9月6日から2週間限定で上映されることも決まっている。(編集部・市川遥)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]