今泉力哉、答えが出ない問いを映画に 恋愛を描き続ける理由

“恋愛映画の旗手”として大きな注目を浴び今泉力哉監督
“恋愛映画の旗手”として大きな注目を浴び今泉力哉監督

 “恋愛映画の旗手”として大きな注目を浴びる今泉力哉監督。さまざまな片想いを描いた映画『mellow メロウ』(公開中)をめぐって、今泉監督が恋愛映画を撮り続ける理由について語った。

主演は田中圭!今泉力哉監督『mellow メロウ』予告編【動画】

わかりやすい悪人がいなくても、物語は作れる

 昨年、角田光代原作の『愛がなんだ』で大きな注目を浴び、続けざまに伊坂幸太郎の小説をもとにした『アイネクライネナハトムジーク』が封切られた今泉監督。田中圭を主演に迎えた『mellow』はオリジナル脚本による作品で、今泉監督作品らしい恋愛群像劇が展開されていく。企画段階から「好きなものを」と言われていたという本作だけに「興味がある恋愛ものに自然となっていきました。大きな事件もなく、日常のやり取りやたくさんの片想いがあるだけで映画にならないかな、というのが頭にあったんです」と明かす。

[PR]

 オリジナル脚本ならではの産みの苦しみもあったようで「今回は選択肢が無限なぶん、脚本を書くのに苦労して……。自由なことの不自由さというか。昔の小説家みたいにホテルを押さえられて缶詰みたいなことも初めて経験しました。でも、このご時世、ネットもテレビもあるし、場所も水道橋だったので『これ意味ある?』みたいな。結局、ホテル代がかかっているぞ、という圧だけ感じつつ、ホテルのそばの喫茶店に出かけて書いていました」。

mellow メロウ
(C) 2020「mellow」製作委員会

 そんな『mellow』では、花屋の店主・夏目(田中)をはじめ、父親から代替わりした廃業寸前のラーメン屋を営む女店主の木帆(岡崎紗絵)、夏目に恋心にも似た憧れの想いを抱く女子中学生(志田彩良)、夫がいながら夏目に告白する麻里子(ともさかりえ)など、登場人物のさまざまな恋模様が交差していくことになる。

 「想いを伝えてうまくいくことが目的でなくて、それを伝えるのか伝えないのか、ということを主題にしました。結婚しているのに誰かを好きになったり、女子中学生同士で告白したりという、誰かが咎めてもおかしくないことや、いまだに偏見がある同性愛などをあちこちに配置して、でもそのことを誰も咎めないし、ドラマチックな展開も呼ばない。わかりやすい悪人がいなくても物語は作れるはずだと思うんです」

[PR]

 そんなリアリティーに支えられた作品にとって、芝居の温度も重要になってくる。「オリジナルのときはなるべく決めセリフのような言葉は書かないようにして、普段話す言葉だけで構成できないかと考えています。昔から撮り方も、時間があれば場面の最初から最後までカメラを回して、感情が変化していく場面も役者さんがやりやすいようにしています。ほかにも生っぽく、自然に見せる方法として、台本が終わった後も少し続けさせたり、一部の演者だけに新たなセリフを伝えて、もう一人の演者の戸惑いも含めた生々しいリアクションを撮ったりしました」

誰かに相談して解決するようなことは、映画にする必要がない

 「恋愛映画の旗手」と呼ばれることにはこだわりはないと語るが、キャリアを通して今泉監督は数々の恋愛映画を作り続けてきた。

 「自主映画を制作していたときから、うまくいかない恋愛について撮り続けていて、当時、上映会のチラシに自ら『ダメ恋愛のススメ』というコピーを書いたことから始まっているのかもしれません。好きという想いの曖昧さもおもしろいですし、それぞれの想いの差を描くことに興味がある。誰かに相談して解決するようなことは映画にする必要がない、と何かで読んで。確かに、みんなで考えても答えが出ない問いを映画にしたいです。片想いって伝えた方がいいのか、伝えない方がいいのか。そんな小さなことにも正解はないし、そういうものを撮りたいんです」

[PR]

 口コミの広がりにより多くのリピーターを呼んだ『愛がなんだ』。まさに今泉監督の思いが結実した話題作となったが、『mellow』でも映画が終わった後の余韻が“中毒者”を生み出すことになりそうだ。

mellow メロウ
(C) 2020「mellow」製作委員会

 「『愛がなんだ』もそうですが、人生は物語のようにはうまくいかない。観た人に結局は作り物だな、登場人物と自分は違うな、と思われるのは嫌なんです。うまくいかない方が地続きの物語になるし、今回の『mellow』のような日常劇も主人公がすぐそばに住んでいそう、こんな花屋がありそうというふうに見せたいので、あまりにうまくいきすぎている話にしないというのは大切なことです。だから、映画が終わって『はい、ハッピーエンド』という風にはしたくない。その方が彼らの人生のその後を考えられるから」

 そして1月24日には、男性同士の恋愛を描く映画『his』も公開される今泉監督。今後も新たな作品づくりに挑んでいく。「ほかにも、逆に恋愛をまったく必要としない人を題材にした映画も準備中です。ずっと恋愛を描いていきた自分だからこそ、この題材でやる意味があるな、と思っています。恋人ができて、結婚して、子どもがいるのが幸せだ、などという従来の幸せのかたち自体も、正直、変わってきていると思う。幸せのかたちなんて無限にある。恋愛に興味がない人なりの幸せも必ずあると思うんです」(編集部・大内啓輔)

» 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]