今夜『ブラックパンサー』地上波初放送!キャスト&吹替え声優に注目!

ワカンダフォーエバー!
ワカンダフォーエバー! - (C) 2018 MARVEL

 映画『ブラックパンサー』(2018)が、今夜20日の21時より日本テレビ系「金曜ロードSHOW!」で地上波初放送される。本作のキャストと、日本語吹替え版の声優キャストたちを振り返る。

百田夏菜子が吹き替えた『ブラックパンサー』本編映像

 本作は、謎の鉱石ヴィブラニウムによって超文明国となった王国ワカンダが舞台。国王だった父親の死を受け、若くしてワカンダの王となった主人公のティ・チャラが、漆黒のヒーロー・ブラックパンサーとして、国を脅かす存在となる謎の男エリック・キルモンガーと戦うさまを描く。

[PR]

 ティ・チャラ役を『42 ~世界を変えた男~』のチャドウィック・ボーズマン、キルモンガー役を『クリード チャンプを継ぐ男』で知られるマイケル・B・ジョーダン、ティ・チャラの幼馴染で元恋人ナキア役を『それでも夜は明ける』のルピタ・ニョンゴが務めた。ほか、最強の戦士オコエ役にはドラマ「ウォーキング・デッド」のダナイ・グリラ、CIAエージェントのロス役には「SHERLOCK/シャーロック」のマーティン・フリーマンなど豪華キャストが集結した。

陛下! - (C) 2018 MARVEL

 日本語吹替え版では、ティ・チャラ役を田村真、キルモンガー役を津田健次郎、ナキア役を皆川純子、オコエ役を斎賀みつき、ロス役を森川智之が担当。また、レティーシャ・ライト演じるティ・チャラの妹シュリの声を百田夏菜子ももいろクローバーZ)が務めた。

 さらに、ナキアの恋人ウカビ(ダニエル・カルーヤ)役に中井和哉、ジャバリ族のリーダーであるエムバク(ウィンストン・デューク)役に木村昴、ティ・チャラの母親ラモンダ(アンジェラ・バセット)役に幸田直子、国王即位の儀式を取り仕切る高僧ズリ(フォレスト・ウィテカー)役に玄田哲章、ワカンダの秘密を知る武器商人ユリシーズ・クロウ(アンディ・サーキス)役に広田みのると実力派が名を連ねる。(編集部・梅山富美子)

» 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]