ハーレイ・クイン映画が1位スタート!広瀬すず主演作が続く

映画週末興行成績

華麗なるスタート!
華麗なるスタート! - (C) 2020 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved TM & (C) DC Comics

 土日2日間(3月21日~3月22日)の全国映画動員ランキングが興行通信社より発表され、20日に初日を迎えた映画『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY』が1位スタートを切った。

【本編映像】ハーレイ・クインのローラーダービー

 同作は『スーサイド・スクワッド』(2016)にジョーカーのキュートでクレイジーな恋人として登場したハーレイ・クインを主人公にすえたアクション作品。ジョーカーと別れたハーレイ・クインが大暴れし、裏世界を支配するサイコパスのブラックマスクと戦う。ハーレイ・クイン役は前作から変わらずマーゴット・ロビー、ブラックマスク役をユアン・マクレガーが担当している。

[PR]

 2位に入ったのは広瀬すずが主演した新作コメディー映画『一度死んでみた』。髪をピンクに染めた広瀬が、父親のことが大嫌いな“反抗期こじらせ女子”で売れないデスメタルバンドのボーカルの主人公・七瀬を熱演している。父親が「2日間だけ死んじゃう薬」を飲んだことにより、七瀬は騒動に巻き込まれていく。吉沢亮堤真一リリー・フランキー松田翔太らが共演。

 ほか新作では波瑠成田凌が共演し、3月の出来事だけで長年にわたる男女の関係性を描く『弥生、三月 君を愛した30年』が6位に、1969年に三島由紀夫が行なった東大全共闘との討論会の真実に迫ったドキュメンタリー『三島由紀夫vs東大全共闘 50年目の真実』が7位に入った。

 先週1位だった『Fukushima 50(フクシマフィフティ)』は3位、3位だった『パラサイト 半地下の家族』は4位、2位だった『仮面病棟』は5位となった。

 今週は『ハリエット』『劇場版「Fate / stay night [Heaven's Feel] III.spring song」』『サーホー』『世界でいちばん貧しい大統領 愛と闘争の男、ホセ・ムヒカ』などが公開される。(ランキング・数字などは興行通信社調べ)(編集部・海江田宗)

[PR]

【2020年3月21日~3月22日の全国映画動員ランキングトップ10(興行通信社調べ)】※()内は先週の順位

1(初)『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY』:1週目
2(初)『一度死んでみた』:1週目
3(1)『Fukushima 50(フクシマフィフティ)』:3週目
4(3)『パラサイト 半地下の家族』:11週目
5(2)『仮面病棟』:3週目
6(初)『弥生、三月 君を愛した30年』1週目
7(初)『三島由紀夫vs東大全共闘 50年目の真実』:1週目
8(5)『ミッドサマー』:5週目
9(4)『スマホを落としただけなのに 囚われの殺人鬼』:5週目
10(7)『犬鳴村』:7週目

» 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]