女性版『アベンジャーズ』実現は時間の問題 シュリ役女優が明言

女性ヒーローが集結したことも記憶に新しい『アベンジャーズ/エンドゲーム』
女性ヒーローが集結したことも記憶に新しい『アベンジャーズ/エンドゲーム』 - Walt Disney Studios Motion Pictures / Photofest / ゲッティ イメージズ

 マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)の女性ヒーローたちが集結する、女性版『アベンジャーズ』映画の可能性について、『ブラックパンサー』などでシュリを演じるレティーシャ・ライトが「実現は時間の問題」と Yahoo Entertainment のインタビューで明かした。

【画像】MCUの女性ヒーローが大集結!

 MCUでは近年、女性ヒーローの活躍が目立っており、ブラック・ウィドウを筆頭に、キャプテン・マーベル、スカーレット・ウィッチ、ヴァルキリー、ワスプなどヒーローの数も増えている。女性版『アベンジャーズ』の企画は公式発表こそないものの、過去にはヴァルキリー役のテッサ・トンプソンらキャストが、マーベル・スタジオに企画を直談判したとも報じられていた。

[PR]

 レティーシャは、自身が出演する新作テレビシリーズ「スモール・アックス(原題) / Small Axe」に関連した同サイトのインタビューで、将来的な女性版アベンジャーズ映画の誕生について言及。「(企画実現に向けて)私たちが戦う必要はない」と切り出し、「(マーベル・スタジオ副社長の)ヴィクトリア・アロンソが、ケヴィン(・ファイギ)と共に指揮を執ってくれている。実現は時間の問題です」とコメントしている。

 マーベル・スタジオは今後、スカーレット・ヨハンソン主演の『ブラック・ウィドウ』(4月29日公開)や『キャプテン・マーベル』続編(2022年7月8日全米公開)といった女性ヒーローの単独映画を公開する予定。さらに、『マイティ・ソー』シリーズ第4弾『ソー:ラブ・アンド・サンダー(原題) / Thor: Love and Thunder』(2022年2月11日全米公開)では女性版ソー(ナタリー・ポートマン)の誕生、動画配信サービス「Disney+」で配信予定の実写ドラマシリーズではミズ・マーベル、シー・ハルクといった次世代ヒーローも登場予定で、女性ヒーローの更なる活躍が期待される。(編集部・倉本拓弥)

» 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]