ADVERTISEMENT

ハリソン・フォード79歳、最後のインディ・ジョーンズ!第5弾は来年7月公開

インディ・ジョーンズ、最後の冒険へ - 画像は前作『インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国』より
インディ・ジョーンズ、最後の冒険へ - 画像は前作『インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国』より - Paramount Pictures / Photofest / ゲッティ イメージズ

 ハリソン・フォードが主演を務める映画『インディ・ジョーンズ』シリーズ第5弾が、2022年7月29日全米公開に向けて製作中だ。最新作は、現在79歳のハリソンにとって最後の『インディ・ジョーンズ』になると言われている。

【画像】マッツ・ミケルセンにアントニオ・バンデラス!第5弾の豪華キャスト陣

 『レイダース/失われたアーク《聖櫃》』(1981)から主人公インディアナ・ジョーンズを演じてきたハリソン。第5弾のストーリーは伏せられたままだが、製作を務めるルーカスフィルムの社長キャスリーン・ケネディは昨年12月、米ウォルト・ディズニー・カンパニーの投資家向け発表会で本作がシリーズ完結編であると説明し、「ハリソンは、伝説的なキャラクターの物語を完結させるために戻ってくる」と発言している。

ADVERTISEMENT

 『007』のジェームズ・ボンドのように、インディ・ジョーンズも別の俳優が引き継ぐことも考えられるが、ハリソンは2019年に実施されたTodayのインタビューで「他の誰もインディ・ジョーンズにはならないよ、わかるかい? わたしがインディ・ジョーンズなんだ。わたしが居なくなる時、彼も居なくなる。簡単なことだ」と語っている。

 脇を固める新キャストも、豪華な顔ぶれが揃った。ドラマ「Fleabag フリーバッグ」のフィービー・ウォーラー=ブリッジや北欧の至宝とも称されるマッツ・ミケルセンをはじめ、『LOGAN/ローガン』のボイド・ホルブルック、『ブラックパンサー』のショーネット・レネー・ウィルソン、『マスク・オブ・ゾロ』のアントニオ・バンデラスが出演。それぞれのキャラクター名と役柄は発表されていない。

 製作陣では、シリーズ4作を手掛けたスティーヴン・スピルバーグが監督の座を降りることを決断(第5弾はプロデューサーとして参加する)。後任として、『LOGAN/ローガン』『フォードvsフェラーリ』のジェームズ・マンゴールド監督が起用された。音楽では、シリーズ全作に携わってきた巨匠ジョン・ウィリアムズが続投する。

 撮影は6月より、イギリスのパインウッド・スタジオを中心にスタート。ハリソンがファイトシーンのリハーサル中に肩を負傷するアクシデントも起こったが、すでに撮影に復帰しており、先月上旬には役衣装で現場入りする姿が目撃されている。(編集部・倉本拓弥)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

ADVERTISEMENT