ADVERTISEMENT

日本版ゴジラ最新作2023年11月3日公開決定 監督は『ALWAYS』山崎貴!

『シン・ゴジラ』以来の東宝実写ゴジラ映画が始動
『シン・ゴジラ』以来の東宝実写ゴジラ映画が始動 - (C)2023 TOHO CO.,LTD.

 東宝は3日、『ALWAYS 三丁目の夕日』『永遠の0』などの山崎貴が監督・脚本・VFXを担当する、映画『ゴジラ』シリーズの記念すべき30作目となる新作を、1年後の「ゴジラの日」となる2023年11月3日に劇場公開すると発表した。興行収入82億円を突破した、庵野秀明総監督による『シン・ゴジラ』(2016)以来、約7年ぶりの東宝実写ゴジラ映画となる。

【動画】2016年公開『シン・ゴジラ』予告編

 『ALWAYS』シリーズや『STAND BY ME ドラえもん』『寄生獣』『SPACE BATTLESHIP ヤマト』など、VFXを駆使した幅広い作品群で知られる山崎監督。自身もゴジラのファンであることを公言しており、これまで、西武園ゆうえんちのアトラクション「ゴジラ・ザ・ライド 大怪獣頂上決戦」の映像監督を務め、『ALWAYS 続・三丁目の夕日』(2007)の冒頭では昭和30年代の東京を破壊するゴジラを描いている。

ADVERTISEMENT

 新たなゴジラのデザインやストーリー、時代設定などは明かされておらず、今後の情報発表が待たれる。

 『シン・ゴジラ』以降のゴジラ映画は、ハリウッド版『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』(2019)や『ゴジラvsコング』(2021)、アニメ版『GODZILLA 』シリーズなどが劇場公開されている。(編集部・入倉功一)

ゴジラから紫の光が…!映画『シン・ゴジラ』新予告 » 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
ADVERTISEMENT

おすすめ映画

ADVERTISEMENT

人気の記事

ADVERTISEMENT

おすすめ動画

ADVERTISEMENT

最新の映画短評

ADVERTISEMENT