斎藤工&板谷由夏『ターミネーター:ニュー・フェイト』などイチオシ映画談

はみだし映画工房

(C)WOWOW

 最新の劇場公開作品から今回ピックアップされたのは、『わたしは光をにぎっている』『ひとよ』『永遠の門 ゴッホの見た未来』『ターミネーター:ニュー・フェイト』『生理ちゃん』の5本。

 アーノルド・シュワルツェネッガーはほぼクマ!? シュワちゃんじゃなくクマちゃん? 『ターミネーター2』好きの斎藤工が『ターミネーター:ニュー・フェイト』に大興奮。

「はみだし映画工房」とは……WOWOWシネマで放送中の映画情報番組「映画工房」とシネマトゥデイとのコラボ企画。無類の映画好きの斎藤工と板谷由夏、そして映画解説者の中井圭が、最新の劇場公開作品について毎回ゆるいトークを繰り広げます。

“はみだし”ていない方、毎週月曜放送中「映画工房」本編はWOWOWホームページで配信中!

[PR]

11月中旬のイチオシ作品はコレ!

『わたしは光をにぎっている』11月15日公開

 ドラマ「この世界の片隅に」などの松本穂香がヒロインを演じたヒューマンドラマ。銭湯を手伝う女性が、そこに集う人々との触れ合いを通じて生き方を見いだす。 【⇒作品情報はこちら】

『ひとよ』11月8日公開

 劇作家・桑原裕子が主宰する劇団KAKUTAの代表作を実写映画化。ある事件で運命を狂わされた家族が再会し、絆を取り戻そうとする。『孤狼の血』などの白石和彌がメガホンを取り、『凶悪』などで白石監督と組んできた高橋泉が脚本を担当。 【⇒作品情報はこちら】

『永遠の門 ゴッホの見た未来』11月8日公開

 『潜水服は蝶の夢を見る』などのジュリアン・シュナーベル監督が、画家フィンセント・ファン・ゴッホの人生を描く伝記ドラマ。ゴッホを『フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法』などのウィレム・デフォーが演じ、第75回ベネチア国際映画祭最優秀男優賞を受賞。 【⇒作品情報はこちら】

『ターミネーター:ニュー・フェイト』11月8日公開

 SFアクション『ターミネーター2』の続編。未来のためにターミネーターに立ち向かう人々を待ち受ける運命を映し出す。ジェームズ・キャメロンが製作としてシリーズに復帰し、『デッドプール』などのティム・ミラーが監督を担当。 【⇒作品情報はこちら】

[PR]

『生理ちゃん』11月8日公開

 生理をポップに表現して話題になった小山健のコミックを、『ヒミズ』などの二階堂ふみ主演で映画化した異色ドラマ。生理に悩む女性たちの姿をユーモラスに描く。 【⇒作品情報はこちら】

【シネマトゥデイ厳選8作品はこちら!】
『ターミネーター:ニュー・フェイト』(11月8日公開)
『ひとよ』(11月8日公開)
『生理ちゃん』(11月8日公開)
『永遠の門 ゴッホの見た未来』(11月8日公開)
『オーバー・エベレスト 陰謀の氷壁』(11月15日公開)
『ベル・カント とらわれのアリア』(11月15日公開)
『わたしは光をにぎっている』(11月15日公開)
『影踏み』(11月15日公開)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]