ADVERTISEMENT

いかがわしくも魅惑的な夜のロンドンの匂いが漂ってくる

2021年12月3日 平沢 薫 ラストナイト・イン・ソーホー ★★★★★ ★★★★★

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
ラストナイト・イン・ソーホー

 劇中でアニャ・テイラー=ジョイが歌う「恋のダウンタウン」は1964年の大ヒット曲。60年代後半のサイケデリックの波が押し寄せる直前、ギラギラした輝きといかがわしさに満ちたロンドンの夜の匂いが、画面から濃厚に漂ってくる。その極彩色に輝く危険な気配は、60~70年代の鮮血に彩られたホラー映画の放つ匂いと、波長が同じ。この2つの振動が溶け合って増幅し合い、動悸が高まり目が眩む魅惑的な世界を出現させる。
 これまでオタクぶりで魅了してきたエドガー・ライト監督が、そんな新境地を開拓。物語の中心となる非オタク女性2人の魅力的な人物像も、彼の新機軸。それでいてこの監督らしいキュートさは同じなのが嬉しい。

平沢 薫

平沢 薫

略歴:映画ライター。視覚に訴えかけるビジュアルの派手な映画がお気に入り。「SCREEN」「SCREEN ONLINE」「Movie Walker」「日経エンタテインメント!」「DVD&動画配信でーた」「キネマ旬報」「SFマガジン」「映画.com」等で執筆。他に「キングスマン:ゴールデン・サークル」ノベライズ、「グレートウォール」ノベライズ、「X-ファイル 2016」ノベライズ、「フランケンウィーニー」ノベライズ、「「ターミネーター:新起動/ジェニシス ビジュアルガイド」翻訳など。ウェブで映画やTVドラマのニュースを追いかけ中

近況:デヴィッド・フィンチャー監督が製作総指揮に参加した、「映画という文化 レンズ越しの景色」全6話@Netflixは、脚本家、俳優、映画評論家らが映画について語るエッセイ的な映像作品。各話17分〜23分の手頃な長さで、どの話もいろんなことを連想させる。

平沢 薫さんの最近の映画短評

もっと見る

ADVERTISEMENT