ADVERTISEMENT

超・体感型の看板に偽りなし

2014年8月23日 なかざわひでゆき イントゥ・ザ・ストーム ★★★★★ ★★★★★

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
イントゥ・ザ・ストーム

 「ツイスター」から約18年、この間にVFX技術がどれほどの進化を遂げたのか、まざまざと見せ付けてくれる圧巻のディザスター・ムービーだ。
 小さな低気圧の渦巻きがみるみるうちにメガトン級の竜巻へと成長し、あらゆるものをなぎ倒して吹っ飛ばして破壊していく。それも1つや2つじゃない。その凄まじさは、不謹慎だとは思いつつも、もはや笑うしかないほどのレベルだ。
 携帯動画などの主観映像も交えながらのサービス精神旺盛な演出は、まさに“超・体感型”という看板に偽りなし。奇をてらわない控えめな人間ドラマも賢明な選択だ。クライマックスのアレに至っては、作り手の徹底したショーマンシップに感動すら覚える。

なかざわひでゆき

なかざわひでゆき

略歴:日本大学芸術学部映画学科卒、同学部大学院卒。映画・海外ドラマのライターとしてキャリア30年。TVガイド誌やオンライン情報サイトなどを中心に幅広く執筆活動中。雑誌「スカパー!TVガイドBS+CS」(東京ニュース通信社刊)で15年続くコラム“映画女優LOVE”をはじめ各テレビガイド誌で特集記事やコラムを執筆。著書は「ホラー映画クロニクル」(扶桑社刊)、「アメリカンTVドラマ50年」(共同通信社刊)など。海外取材経験も多数。旧ソ連のモスクワ育ち。

近況:最近は今さらながらK-POPのボーイズバンドにドハマり中。一番の御贔屓はMCNDですが、NCTやTREASUREも大好き。もちろんBLACK PINKとかITZYとかEVERGLOWとかガールズにも夢中です。

サイト: http://eiga3mai.exblog.jp/

なかざわひでゆきさんの最近の映画短評

もっと見る

ADVERTISEMENT