シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

バック・トゥ・思春期の快作

  • スウィート17モンスター
    ★★★★

     親友が自分の兄貴と恋に落ちたことに逆切れする、女の子の話…というと単なるワガママ娘の話と思われるかもしれないが、切って捨てるわけにはいかない。

     リア充を嫌いつつもリア充でありたい、そんな十代のリアル。そのために動くと、すべてが悪い方向に向かう、おかしさと切なさ。主観と客観の絶妙のバランスが、この青春コメディをチャーミングに輝かせている。

     そんなつくりの巧さに引かれ、ダメ・ヒロインの心境にシンクロして、思春期のぎこちない生き方を思い出していた。ヒロイン、ヘイリー・スタインフェルドの勝ち気や野暮ったさを体現した妙演も絶品だし、ダメな大人に見えてしっかりしているウディ・ハレルソンもイイ。

⇒映画短評の見方

相馬 学

相馬 学

略歴: アクションとスリラーが大好物のフリーライター。『DVD&ブルーレイでーた』『SCREEN』『Audition』『SPA!』等の雑誌や、ネット媒体、劇場パンフレット等でお仕事中。

近況: スターチャンネルの無料放送番組『GO!シアター』に出演中。新作映画について語ります。

» 相馬 学 さんの映画短評をもっと読む

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク