シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

魔物が潜む郷愁の80年代に、闇を克服する瑞々しい思春期ホラー

  •  長大な原作を圧縮する上で、瑞々しい思春期のストーリーに比重を置き、7人の少年少女を描き分け、恐怖描写にのみ照準を絞らなかった。50年代を舞台としたキング原作を80年代にスライドさせた戦略により、確実に客層も拡げている。魔物が棲むノスタルジックな近過去を乗り越える“裏スタンド・バイ・ミー”として見事な完成度。過干渉、DV、性的虐待…ここでの恐怖は大人達や社会の闇がもたらすものであり、克服すべき通過儀礼でもある。文学的なまでの奥行きを生み、観客の数だけペニーワイズはいると感じさせる普遍化も巧い。恐怖×冒険×成長のブレンドによって、全盛期のアンブリンも成し得なかった思春期ホラーの傑作が誕生した。

⇒映画短評の見方

清水 節

清水 節

略歴: 映画評論家・クリエイティブディレクター●映画.com、シネマトゥデイ、FLIX、ニッポン放送●「PREMIERE」「STARLOG」等で執筆・執筆、「Dramatic!」編集長、海外TVシリーズ「GALACTICA/ギャラクティカ」DVD企画制作●著書に「いつかギラギラする日 角川春樹の映画革命」「新潮新書 スター・ウォーズ学」●WOWOW「ノンフィクションW 撮影監督ハリー三村のヒロシマ」企画・構成・取材で国際エミー賞、ギャラクシー賞、民放連最優秀賞 受賞

近況: ●「ゴジラ キング・オブ・モンスターズ」劇場パンフ寄稿●「ULTRAMAN ARCHIVES」企画構成取材●「シド・ミード展」未来会議ブレーン、図録寄稿●ニッポン放送「八木亜希子LOVE&MELODY」

サイト: http://eiga.com/extra/shimizu/

» 清水 節 さんの映画短評をもっと読む

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク