シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

コミック実写化の、思いもよらぬ極上の見本

  • ザ・ファブル
    ★★★★★

    冒頭こそ、日本映画にありがちな「説明過多」描写に不安がよぎるが、それも一瞬のこと。原作のファブル=佐藤と、岡田准一のリンクしなかったイメージも余計な心配だった。原作の「精神」と「うつろな目」を維持しつつ、なおかつ実写で生々しく生きるキャラに変貌させていたから恐れ入る。木村文乃は原作そのもの。

    何より岡田本人が明らかに自分で動いているので、アクションが見やすいし、その撮り方も的確。後半の盛り上げ方も映画らしい。そしてユーモアのタイミングと量がちょうどよく、佐藤のとぼけた味わいがまさに「スパイス」で効いてくるのだ。観終わった後、この主人公にまたスクリーンで会いたくなるので、やや甘めだが満点を。

⇒映画短評の見方

斉藤 博昭

斉藤 博昭

略歴: 1963年神奈川県藤沢市生まれ。高校時代は映画研究部に所属。1997年よりフリーランスのライターとして映画誌、女性誌、情報誌、劇場パンフレット、映画サイトなどさまざまな媒体に映画レビュー、インタビュー記事を寄稿。得意ジャンルはアクション、ミュージカル。最も影響を受けているのはイギリス作品です。Yahoo!ニュースでコラムを随時更新中。

近況: 母校の神奈川県立湘南高校で映画の仕事の話をする機会をもらい、在校生から「将来、映画の仕事をしたいのですが、どうすればいいか」と相談を受けました。次世代に何かを伝える機会を得られて有意義な時間に。

サイト: https://news.yahoo.co.jp/byline/saitohiroaki/

» 斉藤 博昭 さんの映画短評をもっと読む

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク