音楽史の裏街道で消えていった無名アーティストたちへ捧げる挽歌

2014年5月31日 なかざわひでゆき インサイド・ルーウィン・デイヴィス 名もなき男の歌 ★★★★★ ★★★★★

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
インサイド・ルーウィン・デイヴィス 名もなき男の歌

 フォークシンガーとして有り余る才能を持ちながらも、音楽に対するこだわりの強さゆえにトレンドや商業主義と相容れず、高過ぎるプライドゆえに家族や仲間をも遠ざけてしまう主人公ルーウィン。何をやっても裏目に出てばかりだが、その多くは自業自得だ。
 浮き沈みの激しい音楽業界にあって、頑固で偏屈で不器用なルーウィンに成功の女神は決して振り向かない。コーエン兄弟は60年代NYのフォークシーンを独特の荒涼とした映像美で再現しつつ、あてどなく街を彷徨う負け犬の日常を淡々と映し出す。これは、音楽史の裏街道で人知れず消えていった、大勢の無名アーティストたちへ捧げる挽歌のようなもの。ルーウィンはその象徴なのだ。

なかざわひでゆき

なかざわひでゆき

略歴:日本大学芸術学部映画学科卒、同学部大学院卒。映画・海外ドラマのライターとして、TVガイド誌やオンライン情報サイトなどを中心に幅広く執筆活動中。雑誌「スカパー!TVガイドBS+CS」(東京ニュース通信社刊)で15年続くコラム“映画女優LOVE”をはじめ各テレビガイド誌で特集記事やコラムを執筆。著書は「ホラー映画クロニクル」(扶桑社刊)、「アメリカンTVドラマ50年」(共同通信社刊)など。また、数多くの来日スターにインタビューしており、ハリウッドのスタジオや撮影現場へも毎年コンスタントに足を運んで取材をしている。特に海外ドラマの現地取材は本人も数え切れないほど(笑)。旧ソ連のモスクワ育ち。

近況:新しく映画ブログ始めました。よければチェックしてみてください♫なかざわひでゆきの毎日が映画三昧→http://eiga3mai.exblog.jp/

サイト: http://eiga3mai.exblog.jp/

なかざわひでゆきさんの最近の映画短評

もっと見る

[PR]