したたかに、問いかける「理想の政治家とは?」

2020年6月11日 中山 治美 なぜ君は総理大臣になれないのか ★★★★★ ★★★★★

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
なぜ君は総理大臣になれないのか

大島新監督は、映画『ムヒカ 世界でいちばん貧しい大統領から日本人へ』のプロデューサーでもある。本作の小川淳也議員とムヒカ元大統領は共通点が多い。共に愚直なまでの熱い志で政治家になったが、金と権力に興味がなく生活は質素。しかし方や大統領となり、方や衆院選で香川1区のトップ当選すら難しい。この差は何か。本作では上昇志向の希薄な小川議員の性格が指摘されているが、大島監督はしたたかに我々に問いかける。票を投じる国民の民度の差ではないか?と。確かに我々はあまりにも狡猾な政治家を見過ぎて、それが正解だと刷り込まれてきてしまった。その認識を改め政治家を見る目を養わないと手遅れになるゾという警鐘映画である。

中山 治美

中山 治美

略歴:茨城県出身。スポーツ紙記者を経てフリーの映画ジャーナリストに。GISELe、日本映画navi、goo映画、スカイパーフェクトTV(ぴあ)、朝日新聞webサイトおしごとはくぶつかん情報館内で「おしごと映画」を執筆中。いつの間にやら映画祭を回るのがライフワークとなっている。お気に入りはオランダ・ロッテルダム国際映画祭とスペインのサンセバスチャン国際映画祭。

近況:本サイトで「映画で何ができるのか?」と「ぐるっと!世界の映画祭」を連載中。また、編集に携わった塚本晋也監督・著「『野火』全記録」(洋泉社)、DVDマガジン「石原裕次郎シアター」(朝日新聞社)が発売中デス。ライフワークの旅の記録をまとめたブログはこちら。https://tabisutekaisyu.amebaownd.com

サイト: https://www.oshihaku.jp/series/00007

中山 治美さんの最近の映画短評

もっと見る

[PR]