オムニバス映画とは異なる新たなストーリーテリングの概念

2020年11月30日 なかざわひでゆき ホモ・サピエンスの涙 ★★★★★ ★★★★★

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
ホモ・サピエンスの涙

 信仰心を失ってしまった牧師、亡き息子の墓参りをする老いた両親、知り合いに無視されて納得がいかない男、履いていた靴が合わなくて困っている母親、戦場で命乞いをする兵士、音楽に合わせて踊り出す若い娘たち…。全く関連性のない33種類のワンシーンを羅列しながら、喜びも悲しみもひっくるめた人生そのものを浮き彫りにしていく。どこかシュールな演出とスタイリッシュな映像に、ほのかな哀切の漂うところがロイ・アンダーソン監督らしさか。いわゆるオムニバス映画とは異なる新たなストーリーテリングの概念も面白い。

なかざわひでゆき

なかざわひでゆき

略歴:日本大学芸術学部映画学科卒、同学部大学院卒。映画・海外ドラマのライターとして、TVガイド誌やオンライン情報サイトなどを中心に幅広く執筆活動中。雑誌「スカパー!TVガイドBS+CS」(東京ニュース通信社刊)で15年続くコラム“映画女優LOVE”をはじめ各テレビガイド誌で特集記事やコラムを執筆。著書は「ホラー映画クロニクル」(扶桑社刊)、「アメリカンTVドラマ50年」(共同通信社刊)など。また、数多くの来日スターにインタビューしており、ハリウッドのスタジオや撮影現場へも毎年コンスタントに足を運んで取材をしている。特に海外ドラマの現地取材は本人も数え切れないほど(笑)。旧ソ連のモスクワ育ち。

近況:最近は今さらながらK-POPのボーイズバンドにドハマり中。一番の御贔屓はMCNDですが、NCTやTREASUREも大好き。もちろんBLACK PINKとかITZYとかEVERGLOWとかガールズにも夢中です。

サイト: http://eiga3mai.exblog.jp/

なかざわひでゆきさんの最近の映画短評

もっと見る

[PR]