新たなアクション親父が誕生?

2021年6月11日 山縣みどり Mr.ノーバディ ★★★★★ ★★★★★

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
Mr.ノーバディ

愛する家族に危険が及んだ場合、家長はどうすべきか? 『96時間』の主人公のように腕に覚えアリだったらいいなと妄想する人は少なくなく、本作もそのファンタジーを叶えるアクションだ。ただし主人公が平凡に見えるというのがポイント。判子で押したような人生を送るハッチはある事件をきっかけに隠していたスキルと欲望を一気に爆発させ、雪だるま式に危険が膨らんでしまう。『ジョン・ウィック』脚本家らしい流れで、クライマックスの乱闘シーンは荘厳なオペラ調。コメディ演技が得意なB・オデンカークが意外にも体を張ったクールなアクション演技を披露し、新境地を開拓。60代でアクション開眼したL・ニーソンに続くかも。

山縣みどり

山縣みどり

略歴:雑誌編集者からフリーに転身。インタビューや映画評を中心にファッション&ゴシップまで幅広く執筆。

近況:最近、役者名を誤表記する失敗が続き、猛省しています。配給会社様や読者様からの指摘を受けるまで気づかない不始末ぶりで、本当に申し訳ありません。

山縣みどりさんの最近の映画短評

もっと見る

[PR]