2019年 第32回東京国際映画祭コンペティション部門14作品紹介

第32回東京国際映画祭

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

 10月28日(月)~11月5日(火)に開催される第32回東京国際映画祭のコンペティション部門全14作品を紹介。今年の審査委員長は、映画祭史上初の女性審査委員長となる女優チャン・ツィイー。日本からは実写化不可能と言われた手塚治虫原作作品と、監督自身の自伝的小説を映画化したコメディー作品の2本が選出。世界115の国と地域から応募された1,804本の中から厳選された14本を、本部門プログラミングディレクター・矢田部吉彦氏が注目ポイントを解説します! (取材・文:岩永めぐみ/編集部:岡本むつみ)

『喜劇 愛妻物語』

喜劇 愛妻物語
(C) 2020『喜劇 愛妻物語』製作委員会

製作国:日本
監督:足立紳
キャスト:濱田岳水川あさみ

【ストーリー】
売れない脚本家の豪太は稼ぎが少ないため、妻のチカに日々罵られてしまう。それでも夫婦仲を取り戻したい豪太は、チカと娘のアキを連れ、取材も兼ねながら香川を旅する。しかし、チカが豪太とアキと離れているときに、ある事件が起こる。

【ここに注目】
脚本家が苦悩する話は足立紳監督の実体験が盛り込まれているんでしょうが、とても面白いです。水川あさみさんのテンションにキレがあって、演技に凄みがあります。水川さんの迫力が濱田岳さんの受けの演技のレベルを引き上げていて、国際映画祭で演技賞を競うレベルだと思いました。笑いの質も自虐的になるところをスレスレでいい笑いに切り替えていますし、コメディーを突き抜けて最後は迫力ある人間ドラマへと展開していきます。脚本やドラマの構築力、水川さんと濱田さんの演技を引き出したのは、やはり足立監督の演出家としての実力だと思います。

≫上映スケジュール

[PR]

『ばるぼら』

ばるぼら
(C) Barbara Film Committee

製作国:日本、イギリス、ドイツ
監督:手塚眞
キャスト:稲垣吾郎二階堂ふみ

【ストーリー】
新宿駅でみすぼらしい姿で酔っ払っている少女・ばるぼらを拾ったベストセラー作家の美倉洋介。自堕落なばるぼらになぜか惹かれた美倉は、家から追い出すことができない。そしてばるぼらは、美倉の創作にとってミューズというべき存在となっていく。

【ここに注目】
手塚治虫の原作を息子の手塚眞監督が映画化し、主演に稲垣吾郎と二階堂ふみ、そして撮影にはクリストファー・ドイルといったら、これ以上何も言う必要はないと感じますが……。手塚監督のビジュアリストとしてのセンスとクリストファー・ドイルの撮影がうまく融合し、非常にユニークな作品に仕上がっています。人工的で幻想的なファンタジーの世界にエロスが加わり、その世界に稲垣さんと二階堂さんがフィットしていて、個性ではピカイチの1本です。手塚監督は自分の世界観を活かせる、手塚眞色を出せる父の原作はこれだと思ったと話していましたね。

≫上映スケジュール

『列車旅行のすすめ』

列車旅行のすすめ
(C) Morena Films - Senor y Senora - Logical Pictures - Ventajas de Viajar en tren A.I.E

製作国:スペイン、フランス
監督:アリツ・モレノ
キャスト:ルイス・トサルピラール・カストロ

【ストーリー】
列車に乗る女性に精神科医を名乗る向かいに座る男性が元患者の話を始める。コソボ戦争で負傷した男や結婚に失敗した女、怪しい医師など一癖も二癖もある登場人物たちのエピソードが複雑に交錯していく。

【ここに注目】
これはカロリーの高い作品です(笑)。原作はスペインで話題になった小説で、アリツ・モレノ監督は映画化に6年の歳月をかけたそうです。列車の中から始まり、場面がフラッシュバックへと転じ、また別のフラッシュバックへ、別の話へと飛んでいきます。マトリョーシカのような入れ子の物語構造で、なおかつ各エピソードの熱量が高くユーモアは超ブラック。最終的にひとつに収束していく複雑な物語を、この新人監督がどう料理しているかというところが見どころです。

≫上映スケジュール

[PR]

『アトランティス』

アトランティス

製作国:ウクライナ
監督:ヴァレンチヌ・ヴァシャノヴィチ
キャスト:アンドリー・リマルークリュドミラ・ビレカ

【ストーリー】
ウクライナとロシアの戦争直後の2025年。戦争によるトラウマを抱えた元兵士がいた。ある日、彼は穴に捨てられた死体の身元確認のボランティアをする女性と知り合う。彼は彼女との出会いによって、自らの心の内と向き合っていく。

【ここに注目】
トラウマを抱えた元兵士の魂の回復のドラマですが、見どころはビジュアル。ワンシーンワンショットは構図がしっかり計算されていて、強烈かつ迫力があります。モノクロ的な抑えめの色調で、ボロいトラックすらカッコよく見える。2015年に公開された『ザ・トライブ』のスタッフが再集結し、撮影スタッフだったヴァレンチヌ・ヴァシャノヴィチが監督を務めています。ワンシーンワンショットでフィックスの画面が多く、ひとつの美学で貫かれているんですが、画面の中のリアリズムは半端ない。コアな映画ファンはマストです。

≫上映スケジュール

次の作品 >>

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]