ADVERTISEMENT

夜明けの詩 (2021) 映画短評

2022年11月25日公開 82分

夜明けの詩
(C) 2019 Vol Media co. ltd., All Rights Reserved

ライター2人の平均評価: ★★★★★ ★★★★★ 3

なかざわひでゆき

古いフランス映画のような雰囲気がお洒落

なかざわひでゆき 評価: ★★★★★ ★★★★★

 肌寒い冬のソウル。イギリスから7年ぶりに帰国した主人公の小説家と、それぞれに心の傷や喪失感を抱えた4名の男女との対話を通して、人間にとって生と死の概念とは、記憶や時間の意味とはどういうものなのかを考察していく。静かで淡々とした語り口の中に、ほのかな切なさや哀しみを湛えた私小説的な作品。お洒落なソウルの街角を捉えた美しくも端正な映像が、まるで古いフランス映画のような雰囲気を漂わせる。どことなく作家の平野啓一郎氏を彷彿とさせるソン・イェジンの、穏やかで知的な佇まいもステキで、地味ながらも味わいのある小品に仕上がっている。

この短評にはネタバレを含んでいます
くれい響

冬のソウルの情景に癒される

くれい響 評価: ★★★★★ ★★★★★

ヨン・ウジン演じる英国帰りの小説家と4人の男女による対話。老いや死、喪失や記憶といった彼らの“心の陰(英題)”に触れることによって、小説家は自身の過去と向き合い、次第に気持ちが変化していく。ゆっくり流れていく時間の下、まるで短編小説や詩を読んでいるような感覚に近い。売りのひとつであるイ・ジウン(IU)の出番は、最初の喫茶店パートのみなので要注意だが、じつはこのパートこそが大きな肝。音響効果による仕掛けもあるなど、キム・ジョングァン監督の思いをいちばん強く感じる。そのため、後半に進むにつれ、やや単調に感じたりもするが、冬のソウルの情景にも癒される叙情的な一作に仕上がっている。

この短評にはネタバレを含んでいます
ADVERTISEMENT

人気の記事

ADVERTISEMENT

おすすめ動画

ADVERTISEMENT

最新の映画短評

ADVERTISEMENT