シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

「大駱駝艦」の映画関連情報

検索語: 話題のキーワード

作品情報 (全4件)

SHELL and JOINT
テレビ番組やCMの演出を担当し、短編アニメーション『663114』などのメガホンを取った平林勇監督作。東京のカプセルホテルを舞台に、生と死と性を題材にした物語が描かれる...
2020年3月27日公開
タロウのバカ
『ぼっちゃん』などの大森立嗣監督がおよそ15年温めてきたオリジナル脚本を映画化。学校に行かず自分の年齢もわからない少年が、2人の仲間たちと出会い、世界を知る。主人公...
2019年9月6日公開
過激派オペラ
劇団「毛皮族」を設立した江本純子が初メガホンを取り、自身の自伝的小説「股間」を基につづる赤裸々な恋愛ドラマ。新進気鋭の劇団を舞台に、女たらしの女性演出家と関係を...
2016年10月1日公開

特集・連載記事 (全1件)

【第28回東京国際映画祭】Jホラーの巨匠に聞く、世界最恐の「日本の幽霊」Vol.3 清水崇
清水崇監督が自らメガホンを取り、『呪怨』をハリウッドリメイクした『THE JUON/呪怨』(2004)が、日本人監督として初めて全米興行成績ナンバーワンを獲得。そのヒットを受...子役を全身白く塗った**んです。**ヒントは大駱駝艦(だいらくだかん)(※麿赤兒を中心に結成...
2015年11月4日掲載

映画ニュース (全3件)

『翔んで埼玉』白塗り男の正体は? キャストに注目!
大ヒット公開中の映画『翔んで埼玉』で“白塗りの男”西園寺宗十郎を演じて、インパクトを残した麿赤兒(まろあかじ・76)に注目したい。 魔夜峰央の人気マンガを実写化した本...十郎は麗の父だ。 麿は1972年に舞踏集団「大駱駝艦(だいらくだかん)」を旗揚げ。国内のみな...
2019年3月6日掲載
80年代の伝説的カルト映画『爆裂都市』がブルーレイ化
1980年に公開され、カルト的な人気を誇る石井岳龍(当時は石井聰亙)監督によるSFアクション映画『爆裂都市 BURST CITY』がブルーレイ化され、来年1月6日に発売されることが...お笑いトリオのコント赤信号、暗黒舞踏団「大駱駝艦」の麿赤児、泉谷しげるら強烈な個性を放つ...
2015年11月6日掲載
強面俳優・麿赤兒、借金取りから逃げまわった日々を赤裸々に振り返る!「人質になったこともあった」
3日、新宿K's cinemaで映画『天使突抜六丁目』上映後にトークショーが行われ、麿赤兒、山田雅史監督が出席、麿が自分自身の借金体験を振り返り、その破天荒な人生を赤裸々に...在として活躍。さらに1972年には舞踏集団「大駱駝艦」を旗揚げ。アングラ界の怪人としてその名...
2011年12月4日掲載