『相棒』が大ヒットの水谷豊、でも家庭内ではブレイクしてなかった…!?

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
まるでウェディングケーキのような、巨大ケーキを前に笑顔の水谷と寺脇

 3日、丸の内TOEI1にて映画『相棒 -劇場版- 絶体絶命!42.195km 東京ビッグシティマラソン』の観客動員300万人突破、大ロングラン決定の凱旋(がいせん)舞台あいさつが行なわれ、主演の水谷豊寺脇康文川原和久山中崇史山西惇六角精児、そして和泉聖治監督が登壇した。

 『相棒』人気恐るべし。劇場には博多、名古屋、京都、岡山など全国から熱烈なファンが駆けつけ、中には15回も劇場で映画を観た人も。ますますヒートアップするその人気に、水谷は「いやー、こんなことになるとは思ってなかった」と何度も繰り返し、うっすら涙を浮かべているようにも見えた。

 5月1日の公開初日から全国13都道府県で舞台あいさつを行なったという水谷は、何とこの日が35回目の舞台あいさつ。そのおかげか、苦手だったトークもすっかり板についてきたようで、「先日ファンの方から、大相撲春場所を見ていたら“相撲”が“相棒”に見えたという手紙をもらいまして……(笑)」ととぼけるのは序の口。「自分は大ヒットロングランを見越していた」と豪語した伊丹刑事役の川原には「このくらいの勢いで犯人も捕まえてほしいですねえ」と右京の口調でつっこみ、芹沢役の山中が水谷と同じコメントを繰り返すと「それでよろしいですか? 家に帰ってからもっと言っとけば良かったとか思わない?」と心配したり、「じゃあ、そちらの2人は亀山くんにおまかせしましょう」とタイミングよく寺脇にふるなど絶妙な仕切りを見せ、司会者をタジタジにさせていた。

[PR]

 そんな水谷も家に帰ればまったく普通のお父さんらしい。舞台あいさつ後の囲み取材では、「家ではブームになっていないので。家庭には(相棒大ヒットの)風は吹いていません」と世間での大ブレイクをよそに、いつもと変わらない静かな日常を送っていることを強調していた。
 
 また6月3日は、8年前の2000年にテレビドラマ版「相棒」が初めて放送された「相棒」の誕生日。その記念すべき日を祝うべく壇上には特大ケーキが登場して撮影タイム。おめでたいこと続きで笑顔があふれるキャストたちだった。

映画『相棒-劇場版- 絶体絶命!42.195km 東京ビッグシティマラソン』は全国公開中
オフィシャルサイト aibou-movie.jp

【関連記事】水谷豊に独占インタビュー!
【関連記事】本仮屋ユイカ、必死のとけ込み作戦にニヒルな水谷豊も笑顔
【関連記事】水谷豊、24年ぶりにスクリーンに復帰!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]