リーアム・ニーソン、妻ナターシャの死で出演予定作の行方は…?

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
ナターシャ・リチャードソン - Charles Eshelman / FilmMagic / Getty Images

 スキー事故による脳死で逝去したナターシャ・リチャードソンの夫、リーアム・ニーソンが、進行中の企画にストップをかけるようだ。ガーディアン紙の電子版によると、ニーソンは愛妻の突然の死を受け、仕事から少し距離を置きたいと考えているよう。ニーソンは、新作スリラー映画『テイクン』(原題)がアメリカで好成績を挙げているほか、北アイルランド問題を取り上げた映画『ファイブ・ミニッツ・オブ・ヘブン』(原題)もサンダンス映画祭でプレミア上映され好評を得ており、出演予定作も続々と決まっていた。ハリウッド・リポーター紙によると、スティーヴン・スピルバーグ監督と組む映画『リンカーン』(原題)はまだ製作が始まっていないが、アトム・エゴヤン監督作映画『クロエ』(原題)は2月に撮影が始まっている。リーアムは妻の事故を聞いてこの現場から病院へかけつけたが、リーアムのシーンがどれほど終了しているかは明らかでなく、この後リアームが降板する可能性についてもわかっていない。

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]