第33回日本アカデミー賞優秀賞発表!『ヴィヨンの妻』『沈まぬ太陽』『ゼロの焦点』など

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
司会を務める関根勤と木村多江。

 22日、グランドプリンスホテル新高輪にて、第33回日本アカデミー賞の優秀賞ならびに司会者の発表記者会見が行われ、司会を務める関根勤木村多江が登壇した。「日本アカデミー賞」の司会者は例年、総合司会と前回の最優秀主演女優賞受賞の2名で行われており、今回は初めて司会を務める関根と、前回映画『ぐるりのこと。』で最優秀主演女優賞に輝いた木村が務める。

 初の大役に緊張気味の関根は、「今まではテレビで受賞の行方を楽しみにしていたので、まさか自分が、という気持ち。僕でいいのかな……」と恐縮しきり。早速妻から、「当日は水分を控えめに」とアドバイスをもらったと笑顔で抱負を語った。一方、前回の最優秀主演女優賞に続いて、今回、映画『ゼロの焦点』で優秀助演女優賞に輝いた木村は、「芸能人がいっぱいいるなぁと。華やかな場所に遊びに行った感覚だった」と前回の受賞式を振り返りながら、「関根さんは楽しくてとてもすてきな方。胸を借りるつもりで、皆さんに楽しんでもらえる授賞式になれば」とこちらもやる気満々だった。

 今回の発表で目を引いたのは、優秀作品賞、優秀監督賞、優秀脚本賞の5作品が同じ作品だということ。『ヴィヨンの妻~桜桃とタンポポ~』『沈まぬ太陽』『ゼロの焦点』『劔岳 点の記』『ディア・ドクター』の5作品が、そのほかの賞を含めほぼ同数の5、6部門を制しているのが興味深い。昨年は映画『おくりびと』が賞を総なめにしたが、今年はどうなるか? 第33回日本アカデミー賞授賞式は、2010年3月5日。2008年11月29日~2009年12月4日までの公開作品を対象とした優秀賞の中から、最優秀賞が選ばれる。

[PR]

各優秀賞は以下の通り。

●優秀作品賞
『ヴィヨンの妻~桜桃とタンポポ~』
『沈まぬ太陽』
『ゼロの焦点』
『劔岳 点の記』
『ディア・ドクター』

●優秀アニメーション作品賞
『エヴァンゲリヲン 新劇場版:破』
サマーウォーズ
映画ドラえもん 新・のび太の宇宙開拓史
『ホッタラケの島 遥と魔法の鏡』
『名探偵コナン 漆黒の追跡者(チェイサー)』

●優秀監督賞
犬童一心『ゼロの焦点』
木村大作『劔岳 点の記』
根岸吉太郎『ヴィヨンの妻~桜桃とタンポポ~』
西川美和『ディア・ドクター』
若松節朗『沈まぬ太陽』

●優秀脚本賞
犬童一心/中園健司『ゼロの焦点』
木村大作/菊池淳夫宮村敏正『劔岳 点の記』
田中陽造『ヴィヨンの妻~桜桃とタンポポ~』
西岡琢也『沈まぬ太陽』
西川美和『ディア・ドクター』

●優秀主演男優賞
浅野忠信『ヴィヨンの妻~桜桃とタンポポ~』
浅野忠信『劔岳 点の記』
大森南朋ハゲタカ
笑福亭鶴瓶『ディア・ドクター』
渡辺謙『沈まぬ太陽』

●優秀主演女優賞
綾瀬はるかおっぱいバレー
広末涼子『ゼロの焦点』
ペ・ドゥナ空気人形
松たか子『ヴィヨンの妻~桜桃とタンポポ~』
宮崎あおい少年メリケンサック

[PR]

●優秀助演男優賞
瑛太『ディア・ドクター』
香川照之『劔岳 点の記』
堺雅人ジェネラル・ルージュの凱旋
玉山鉄二『ハゲタカ』
三浦友和『沈まぬ太陽』

●優秀助演女優賞
木村多江『ゼロの焦点』
鈴木京香『沈まぬ太陽』
中谷美紀『ゼロの焦点』
室井滋『ヴィヨンの妻~桜桃とタンポポ~』
余貴美子『ディア・ドクター』

●優秀外国作品賞
グラン・トリノ
スラムドッグ$ミリオネア
チェンジリング
レスラー
『レッドクリフ Part II -未来への最終決戦-』

●新人俳優賞
岡田将生ホノカアボーイ』『僕の初恋をキミに捧ぐ』『重力ピエロ
水嶋ヒロドロップ
溝端淳平赤い糸
渡辺大知色即ぜねれいしょん
榮倉奈々余命1ヶ月の花嫁
志田未来誰も守ってくれない
平愛梨『20世紀少年<第2章>最後の希望』『20世紀少年<最終章>ぼくらの旗』

●会長功労賞
西田敏行三國連太郎釣りバカ日誌』シリーズ

●協会栄誉賞
森繁久弥

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]