シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

『僕と妻の1778の物語』初登場首位獲得で、草なぎブランド健在!!『ソーシャル・ネットワーク』も初登場!!【映画週末興行成績】

『僕と妻の1778の物語』初登場首位獲得で、草なぎブランド健在!!『ソーシャル・ネットワーク』も初登場!!
草なぎ剛、竹内結子久々の共演作が首位に立った!-『僕と妻の1778の物語』 - (C) 2011 関西テレビ放送 フジテレビジョン ジェイ・ドリーム 東宝 S・D・P FNS26社

 国民的アイドルグループSMAPのメンバーの中でも、コンスタントに映画に出演し、ヒット作を連発する草なぎ剛。その出演作の中には、興収53億円を記録した映画『日本沈没』など、大ヒットとなった作品も多く、彼の出演作が観客にある種の安心感を持たれているように思われる。そんな草なぎの最新作『僕と妻の1778の物語』は、フジテレビ系列で放送され、話題を呼んだ「僕シリーズ」(「僕の生きる道」「僕と彼女と彼女の生きる道」「僕の歩く道」)の最新作となり、初登場で首位を獲得した。

 竹内結子とは2003年の『黄泉がえり』以来の共演となり、全国315スクリーンでの初日2日間成績は動員が12万1,783人、興収1億5,969万5,200円をあげた。観客の男女比は27対73で、圧倒的に女性層に支持を集め、年齢別に見ると、40代が最も高く、30.2%、次いで20代が27%、50代が18.9%という結果になった。

 世界最大のSNS「Facebook」誕生秘話を描いた映画『ソーシャル・ネットワーク』が2位に初登場。アカデミー賞の前哨戦として注目されている第68回ゴールデン・グローブ賞で最優秀作品賞(ドラマ部門)を含む4部門を受賞したことも話題となった本作。世間の注目が高まっている中での絶妙なタイミングでの公開となり、その期待感がそのままランキングに反映された形だ。全国328スクリーンで公開され、初日2日間での動員は11万6,309人、興収1億6,093万8,100円をあげ、興収順ではトップとなった。もし来月に開催される第83回アカデミー賞で作品賞を獲得することがあれば、さらなるロングランヒットも期待できるだろう。

 首位2作品が初登場となったため、3位以降の全作品が2ランクずつスライドダウン。3週連続で首位をキープしていた『相棒-劇場版II- 警視庁占拠!特命係の一番長い夜』は3位にランクダウン。しかし、累計動員は200万4,518人、累計興収は23億7,335万6,450円となり、早くも200万人を突破した。続く4位は『アンストッパブル』、5位の『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1』は9週目を迎え、累計興収は65億円を突破した。そして6位の『SPACE BATTLESHIP ヤマト』の累計動員は313万4,646人、累計興収は38億1,405万6,590円となり、いよいよ40億円も間近。SMAPメンバーの出演作2本がランキングに登場するなど、まだまだ彼らの人気は高いと言えるだろう。

 7位の『劇場版イナズマイレブン 最強軍団オーガ襲来』の累計動員は129万1,256人、累計興収は16億322万4,600円という結果になった。そして8位は『トロン:レガシー』、9位の『仮面ライダー×仮面ライダー オーズ&ダブル feat.スカル MOVIE大戦CORE(コア)』が累計116万4,785人、累計興収が13億917万5,700円となった。そして10位は『シュレック フォーエバー』、11位の『武士の家計簿』は惜しくもベストテン圏外に落ちてしまった。

 今週末は3D作品の『グリーン・ホーネット』『天装戦隊ゴセイジャーVSシンケンジャー エピック ON 銀幕』『犬とあなたの物語 いぬのえいが』などの作品がランク入りを狙う。その他、『DOCUMENTARY of AKB48 to be continued 10年後、少女たちは今の自分に何を思うのだろう?』『デュー・デート ~出産まであと5日!史上最悪のアメリカ横断~』『フード・インク』『イップ・マン 葉問』『YOYOCHU SEXと代々木忠の世界』『嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん』などが公開予定となっている。(ランキングなどは興行通信社調べ)(取材・文:壬生智裕)


楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画ニュース
  2. 2011年
  3. 1月
  4. 20日
  5. 『僕と妻の1778の物語』初登場首位獲得で、草なぎブランド健在!!『ソーシャル・ネットワーク』も初登場!!