ガイ・リッチー監督、『300 <スリーハンドレッド>』の前章作を監督?ザック・スナイダー『スーパーマン』で多忙

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
ガイ・リッチー監督

 映画化されたコミック「300」のクリエイター、フランク・ミラーの作品「クセルクセス」の映画版でガイ・リッチーが監督を務めるかもしれない。

ガイ・リッチー監督映画『シャーロック・ホームズ』場面写真

 ヴァルチャーによると、ワーナー・ブラザーズは映画『クセルクセス(原題) / Xerxes』の監督をガイにオファーしたとのこと。同作品は、“王の中の王”と呼ばれたペルシャ帝国の王クセルクセスを描いたものだが、彼の在位は紀元前5世紀で、タイムラインとしては『300 <スリーハンドレッド>』よりも10年ほど前にあたる。前章作として製作すれば、ジェラルド・バトラーが再びレオニダス役で登場することも可能だとカミングスーン.comは言っている。『300 <スリーハンドレッド>』を監督したザック・スナイダーは現在『スーパーマン』の新作に取り掛かっているため、ガイに監督がオファーされた理由とも言われているようだ。

 『300 <スリーハンドレッド>』後、ちょっと体の緩みが気になるジェラルドだが、新作映画の役作りのために体を絞らなければならないと昨年のインタビューで語っていた。先日、ハワイでパドルボードを楽しんでいたジェラルドは、胸の筋肉も復活し、肉体改造に成功したよう。果たして『クセルクセス』でジェラルドの姿をまた見ることができるだろうか?

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]