アカデミー賞ノミネーション全リスト!『バードマン』『グランド・ブダペスト・ホテル』『イミテーション・ゲーム』と大混戦

第87回アカデミー賞

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
最多は『バードマン』と『グランド・ブダペスト・ホテル』! - (C) 2014 Twentieth Century Fox. All Rights Reserved. / (C) 2013 Twentieth Century Fox. All Rights Reserved.

 現地時間15日、第87回アカデミー賞のノミネーションが発表された。『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』と『グランド・ブダペスト・ホテル』が最多9部門でノミネートを果たし、『イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密』が8部門、『アメリカン・スナイパー』と『6才のボクが、大人になるまで。』が6部門で続いた。

映画『イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密』場面写真

 第72回ゴールデン・グローブ賞ではまさかの0ノミネートとなったアンジェリーナ・ジョリー監督第2作『アンブロークン(原題) / Unbroken』は、撮影賞、音響編集賞、音響調整賞という技術系の3部門でノミネート。同じくゴールデン・グローブ賞では期待されていながらもノミネートを逃した『アメリカン・スナイパー』のブラッドリー・クーパーもしっかりノミネートされている。

[PR]

 『イントゥ・ザ・ウッズ』のメリル・ストリープが自身の記録を更新し、俳優として最多となる19回目のノミネートを達成。『6才のボクが、大人になるまで。』のパトリシア・アークエットという強敵がいるものの、助演女優賞を受賞すれば自身2回目となる。

 また、日本勢では、長編アニメ部門にスタジオジブリの巨匠・高畑勲監督の『かぐや姫の物語』が、短編アニメ部門に日本人クリエイターの堤大介が初監督を務めた『ダム・キーパー』がそろってノミネートされた。

 今回のノミネーション発表では、『ゼロ・グラビティ』のアルフォンソ・キュアロン監督、『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』のJ・J・エイブラムス監督、『スター・トレック』のクリス・パインら豪華メンバーがプレゼンターを務めた。授賞式は、現地時間2月22日にロサンゼルスのドルビー・シアターで開催される。(編集部・市川遥)

第87回アカデミー賞ノミネーション全結果は以下の通り。

■作品賞
『6才のボクが、大人になるまで。』
『博士と彼女のセオリー』
『グランド・ブダペスト・ホテル』
『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』
『イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密』
『セルマ(原題) / Selma』
『アメリカン・スナイパー』
『セッション』

■監督賞
リチャード・リンクレイター 『6才のボクが、大人になるまで。』
アレハンドロ・G・イニャリトゥ 『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』
ウェス・アンダーソン 『グランド・ブダペスト・ホテル』
モルテン・ティルドゥム 『イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密』
ベネット・ミラー 『フォックスキャッチャー』

■主演男優賞
スティーヴ・カレル 『フォックスキャッチャー』
ブラッドリー・クーパー 『アメリカン・スナイパー』
ベネディクト・カンバーバッチ 『イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密』
マイケル・キートン 『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』
エディ・レッドメイン 『博士と彼女のセオリー』

■主演女優賞
ジュリアン・ムーア 『アリスのままで』
リース・ウィザースプーン 『ワイルド(原題)』
フェリシティ・ジョーンズ 『博士と彼女のセオリー』
ロザムンド・パイク 『ゴーン・ガール』
マリオン・コティヤール 『サンドラの週末』

■助演男優賞
ロバート・デュヴァル 『ジャッジ 裁かれる判事』
イーサン・ホーク 『6才のボクが、大人になるまで。』
エドワード・ノートン 『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』
マーク・ラファロ 『フォックスキャッチャー』
J・K・シモンズ 『セッション』

■助演女優賞
メリル・ストリープ 『イントゥ・ザ・ウッズ』
パトリシア・アークエット 『6才のボクが、大人になるまで。』
エマ・ストーン 『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』
キーラ・ナイトレイ 『イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密』
ローラ・ダーン 『ワイルド(原題)』

■長編アニメ賞
『ベイマックス』
『ザ・ボックストロールズ(原題) / The Boxtrolls』
『ハウ・トゥー・トレイン・ユア・ドラゴン2(原題) / How to Train Your Dragon 2』
『ソング・オブ・ザ・シー(原題) / Song of the Sea』
『かぐや姫の物語』

■脚本賞
リチャード・リンクレイター 『6才のボクが、大人になるまで。』
ウェス・アンダーソン、ヒューゴ・ギネス 『グランド・ブダペスト・ホテル』
アレハンドロ・G・イニャリトゥ、ニコラス・ヒアコボーネ、アレクサンダー・ディネラリス・Jr、アルマンド・ボー 『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』
E・マックス・フライ、ダン・ファターマン 『フォックスキャッチャー』
ダン・ギルロイ 『ナイトクローラー(原題) / Nightcrawler』

■脚色賞
グレアム・ムーア 『イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密』
アンソニー・マクカーテン 『博士と彼女のセオリー』
デイミアン・チャゼル 『セッション』
ジェイソン・ホール 『アメリカン・スナイパー』
ポール・トーマス・アンダーソン 『インヒレント・ヴァイス(原題) / Inherent Vice』

■視覚効果賞
『キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー』
『猿の惑星:新世紀(ライジング)』
『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』
『インターステラー』
『X-MEN:フューチャー&パスト』

■音響編集賞
『アメリカン・スナイパー』
『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』
『ホビット 決戦のゆくえ』
『インターステラー』
『アンブロークン(原題) / Unbroken』

■音響調整賞
『アメリカン・スナイパー』
『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』
『インターステラー』
『アンブロークン(原題) / Unbroken』
『セッション』

■撮影賞
エマニュエル・ルベツキ 『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』
ロバート・イェーマン 『グランド・ブダペスト・ホテル』
リシャルト・レンチェフスキ、ウカシュ・ジャル 『イーダ』
ディック・ポープ 『ターナー、光に愛を求めて』
ロジャー・ディーキンス 『アンブロークン(原題) / Unbroken』

■美術賞
『グランド・ブダペスト・ホテル』
『イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密』
『インターステラー』
『イントゥ・ザ・ウッズ』
『ターナー、光に愛を求めて』

■編集賞
ジョエル・コックス&ゲイリー・ローチ 『アメリカン・スナイパー』
サンドラ・エイデアー 『6才のボクが、大人になるまで。』
バーニー・ピリング 『グランド・ブダペスト・ホテル』
ウィリアム・ゴールデンバーグ 『イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密』
トム・クロス 『セッション』

■メイクアップ&ヘアスタイリング賞
『フォックスキャッチャー』
『グランド・ブダペスト・ホテル』
『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』 

■衣装デザイン賞
ミレーナ・カノネロ 『グランド・ブダペスト・ホテル』
マーク・ブリッジス 『インヒレント・ヴァイス(原題) / Inherent Vice』
コリーン・アトウッド 『イントゥ・ザ・ウッズ』
アンナ・B・シェパード、ジェーン・クライヴ 『マレフィセント』
ジャクリーン・デュラン 『ターナー、光に愛を求めて』

■ドキュメンタリー長編賞
『シチズンフォー(原題) / Citizenfour』
『ファインディング・ヴィヴィアン・マイヤー(原題) / Finding Vivian Maier』
『ラスト・デイズ・イン・ベトナム(原題) / Last Days in Vietnam』
『セバスチャン・サルガド/地球へのラブレター』
『ヴィルンガ(原題) / Virunga』

■ドキュメンタリー短編賞
『クライシス・ホットライン:ベテランズ・プレス1(原題) / Crisis Hotline: Veterans Press 1』
『ジョアンナ(原題) / Joanna』
『アワー・カース(原題) / Our Curse』
『ザ・リーパー(英題) / The Reaper』
『ホワイト・アース(原題) / White Earth』

■外国語映画賞 
『イーダ』(ポーランド)
『ワイルド・テールズ(英題)/ Wild Tales』(アルゼンチン)
『タンジェリンズ(英題) / Tangerines』(エストニア)
『ティンブクトゥ(原題) / Timbuktu』(モーリタニア)
『リヴァイアサン(英題) / Leviathan』(ロシア)

■歌曲賞 
「Everything Is Awesome」 『LEGO(R)ムービー』
「Glory」 『セルマ(原題) / Selma』
「Grateful」 『ビヨンド・ザ・ライツ(原題) / Beyond the Lights』
「I'm Not Gonna Miss You」 『グレン・キャンベル:アイル・ビー・ミー(原題) / Glen Campbell: I'll Be Me』
「Lost Stars」 『はじまりのうた』

■作曲賞 
アレクサンドル・デスプラ 『グランド・ブダペスト・ホテル』
アレクサンドル・デスプラ 『イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密』
ハンス・ジマー 『インターステラー』
ゲイリー・ヤーション 『ターナー、光に愛を求めて』
ヨハン・ヨハンソン 『博士と彼女のセオリー』

■短編アニメ賞 
『ザ・ビガー・ピクチャー(原題) / The Bigger Picture』
『ダム・キーパー』
『愛犬とごちそう』
『ミー・アンド・マイ・モールトン(原題) / Me and My Moulton』
『ア・シングル・ライフ(原題) / A Single Life』

■短編実写賞
『アヤ(原題) / Aya』
『ブーガルー・アンド・グラハム(原題) / Boogaloo and Graham』
『チベットの埃』
『パーバネー(原題) / Parvaneh』
『一本の電話』

(※日本語のリストを転載する際は編集部までご連絡ください)

第87回アカデミー賞授賞式は、2月23日(月)午前9時よりWOWOWプライムにて生中継(夜9時よりリピート放送)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]