大野いと、森崎ウィンとの共演に感謝

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
W主演を務めた大野と森崎

 PrizmaXのボーカルで、スティーヴン・スピルバーグ監督最新作『レディ・プレイヤー1』でハリウッドデビューも果たした森崎ウィンが24日、都内で行われた映画『クジラの島の忘れもの』のプレミア上映舞台あいさつにW主演の大野いとと登壇。大野から「(撮影中は)森崎さんの演技に助けられました」と声をかけられると、森崎は「お褒めいただきありがとうございます」と感激の表情を見せた。

大野&森崎が共演『クジラの島の忘れもの』予告編

 日本とベトナムの国交樹立45周年を記念して製作された本作は、実話をもとに、夢を失くした女性と夢を追いかけるベトナム人の青年が、国境を越えて愛を貫く姿を描くヒューマンラブストーリー。大野は沖縄に移り住んだヒロインの愛美役、森崎はその愛美の取引先のベトナム人研修生・コア役で出演する。

[PR]

 ベトナムロケはもちろん、劇中ベトナム語にも挑戦している二人だが、大野は撮影中、森崎の演技に引っ張ってもらったとしみじみ回顧。これに対して森崎も、「現場でいとちゃんにも助けてもらいました。いとちゃんは現場で本当にストイック。素敵な女優さんに出会えて勉強になりました」と嬉しそうにコメント。

 ベトナムは共に初めての訪問だったといい、大野は「バイクの量が本当に多くて……。信号無視も主流でたくましいなって思いました」とベトナムの印象を紹介。「ココナッツウォーターが大好きなので、たくさん飲みました。あと、あとカエルも食べたんです」と話すと、そのカエルの味については「チキンみたいな味でおいしかったです」とお気に入りだった様子。

 森崎の方はミャンマー出身とあって、「ミャンマーで生まれ育ったので、言葉は違うけど、懐かしさを感じました。勝手に親近感を感じていたんです」と話し、「ミャンマーと違うのはバイクが多いこと。カラフルなマスクをしている人が多かったのも印象的でした」と振り返った。ベトナム語のアクセントを褒められたとも明かし、「僕は耳が良いので一発でうまいねって言われました。(われながら)センスあるんだなって思いました」と得意げに話していた。(取材・文:名鹿祥史)

『クジラの島の忘れもの』は5月12日より渋谷シネパレスほかで全国公開

» 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]