『アベンジャーズ/エンドゲーム』あのキャラは生きていた!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
32枚のキャラクターポスターが公開(画像はマーベル公式Instagramのスクリーンショット) - (C) 2019 MARVEL

 映画『アベンジャーズ/エンドゲーム』(4月26日より日米同時公開)から、32枚のキャラクターポスターが公開され、キャラクターたちの生死が話題になっている(以下、前作のネタバレあり)。

【ギャラリー】32枚のキャラクターポスター

 本作は『アベンジャーズ』シリーズの完結編。前作『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』で、アベンジャーズのメンバーを含む宇宙の生命の半分を滅ぼした最凶最悪の敵サノスに、アイアンマンをはじめとするヒーローたちが再び挑む。

[PR]

 海外公式Instagramなどで公開されたキャラクターポスターは、カラーかモノクロかでそのキャラクターの生死がわかるようになっており、前作で生き残ったアイアンマン、キャプテン・アメリカらはカラー、サノスによって滅ぼされたブラックパンサー、スパイダーマンらはモノクロになっている。

 これにより、アイアンマンことトニー・スタークのパートナーであるペッパー・ポッツ(グウィネス・パルトロー)、運転手ハッピー・ホーガン(ジョン・ファヴロー)、『ドクター・ストレンジ』のウォン(ベネディクト・ウォン)、『マイティ・ソー バトルロイヤル』の女戦士ヴァルキリー(テッサ・トンプソン)ら、生死が定かでなかったキャラクターたちの生存が明らかに。

 一方で、予告編では「行方不明」となっていたブラックパンサーことティ・チャラの妹シュリ(レティーシャ・ライト)はモノクロだ。果たしてアベンジャーズたちの戦いは、どのような結末を迎えるのだろうか。(編集部・中山雄一朗)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]