シネマトゥデイ

美ボディースパイにダマされた!このドンデン返しは国家機密級!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
002

 予想を裏切る展開を楽しむ「どんでん返し」は、スリラー映画の醍醐味のひとつ。あらゆる人間の欲望を見抜き、身も心もコントロールしてしまう女スパイが活躍するレッド・スパローも、美ボディーのスパイに目を奪われているうちに心理戦に引き込まれ、予想外のラストが待ち受けるという予測不可能で上質な心理スリラーでもあります。元CIAエージェントの作家が原作者だけにスパイ描写が驚くほどリアルでハードな、いままでにない超本格派スパイ映画です。見ている人をすっかり騙すさまざまなトラップとそのトラップを仕掛けていく美ボディースパイの魅力とはいったいなんなのでしょうか?

再起不能のバレリーナが選んだ女スパイへの道

 本作の主人公ドミニカは、名門ボリショイ・バレエ団のトップとして活躍する美女バレリーナ。しかしある日、公演中の事故で脚に再起不能の大ケガを負い、バレリーナの夢を絶たれてしまいます

 重病を抱える母親の介護や住む場所まで、ボリショイからの支援を受けていた彼女の生活は、頂点から一気にどん底へ。そんな彼女に救いの手を差し伸べたのは、ロシア情報部の幹部である叔父。ドミニカは母親の治療と引き換えに、彼女の美ぼうに目を付けていた政治家を誘惑し、国家反逆の証拠を入手するように持ち掛けられます。

 母のため、初めてのハニートラップに挑んだドミニカを待っていたのは、政治家からの理不尽な暴力やドミニカを裏の世界に引き込むための罠。さらに暗殺の目撃者となったドミニカに、ロシア情報部の幹部である叔父は、「ロシアの諜報員スパローとなるか、処刑されるか」という、究極の選択を迫ります。こうして人生の袋小路に迷い込んだドミニカの、国家を相手にした水面下の戦いが始まりました。

理想の美ボディーとはこのこと!スター女優の体当たり演技にハマる!

 ドミニカを演じるのは、『ハンガー・ゲーム』『X-MEN』シリーズに出演し、『世界にひとつのプレイブック』でアカデミー賞助演女優賞にも輝いた、ジェニファー・ローレンス。世界的なスターである彼女が、惜しげもなくさらす美ボディーは圧巻の一言です。

 妖艶な水着や下着姿でみせる美しいボディーは、男女を問わず見惚れてしまうこと必至。また、ハニートラップの神髄ともいえる、男を惑わすテクニックも見どころのひとつ。スパロー(スパイ)養成所の過激な指導にとまどうばかりだったドミニカが、人間の欲望を知り尽くし、利用していくさまは、どんなアクションもかなわない爽快さ。“体当たり”という言葉では足りないほどの熱演で体現するスパイ像は、これまでは描かれなかったものです。

 アカデミー賞の授賞式でズッコけたり、プライベートの天然ぶりも話題になるジェニファーの純朴さと、見惚れてしまう妖艶さが融合した熱演は、まさに彼女にしかできない一世一代の名演と言っても過言ではありません。

これがスパイの現実!007もオチる?最強の武器を手にしろ!

 女スパイ=スパローとは、あらゆる人間の欲望を見抜き、利用するスペシャリスト。彼らの武器は、強力な銃でも『007』が使う奇想天外なスパイグッズでもなく、鍛えられた心理操作のテクニック。ミッションのためならば、どんな相手でも悦ばせ、手玉にとってしまいます。

 何気ない会話やしぐさも、スパローにとっては誘惑の罠。ドミニカの言動のどれが本心でどれが罠なのか? 巧みに本心を隠すテクニックから、一瞬も目が離せません。パズルのような人間の欲望を巧みにコントロールするその技は、どんな力もかなわない、究極の武器といえるでしょう。

 スパローの養成学校では、錠前破りや過酷な戦闘訓練は当たり前。大勢の前で服を脱げといわれれば裸体をさらけだし、悦ばせろと言われれば犯罪者であっても満足させなくてはいけない……。体もプライドも、全てを国家にささげなくてはいけません。自分と母親の命を握られ、ボロボロになっても逃げられないドミニカ。しかし、養成所で得たスキルと知識、持ち前の精神力を駆使して、着々と逆転のチャンスを狙います。

その誘惑は国家も欺く!女スパイに未来はあるのか?

002
ドミニカに勝利はあるのか?

 原作者のジェイソン・マシューズは、CIAに30年以上勤務した経験を持つ、正真正銘の元エージェント。本作も彼の経験に基づいており、スパローと呼ばれるスパイも養成所も、ロシアに実在していたといいます。

 スパローとなったドミニカのミッションは、ロシアの機密をアメリカに漏らしている、謎の“情報源”の正体をつかむこと。唯一その情報源と接触しているCIA捜査官を誘惑し、情報を得るため、彼の潜伏する地に派遣されます。

 本物の元CIAが描くスパイの行動は実にリアル。全てリサーチから始まります。ターゲットの生活スタイルや日常のルーティン、どんな女性が好みで、どんな性的指向を持っているかまで……あらゆる情報を調べたスパローは、自分をターゲット好みの女性へと変貌させていくのです。しかし、ターゲットも訓練されたプロのエージェント。どうしてもドミニカに惹かれてしまう心を抑えながら、彼女の秘密に迫っていきます。

 プロ相手の駆け引きと誘惑のなか、ドミニカが見据える標的は、自分を陥れた国家そのもの。一歩間違えば、アメリカからもロシアからも命を狙われるリスクをかいくぐり、仲間さえも出し抜きながら、彼女がつかむ本当の勝利とは? 観客さえ誘惑される、何気ない彼女の行動の一つ一つがピタリとつながる驚きのラストを目撃する日は、もうすぐです。(編集部・入倉功一)

映画『レッド・スパロー』は3月30日より全国公開
『レッド・スパロー』公式サイト

■『レッド・スパロー』予告編!

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]