シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

ゼロ年代以降のティーン映画、ある種の系譜の総まとめ的な。

  • スウィート17モンスター
    ★★★★

    イケてる奴らの滅亡を願うネイディーンは古い音楽や映画が好き。『JUNO』のエレン・ペイジのBIG3は「ストゥージズ」「パティ・スミス」「ランナウェイズ」で、『ゴーストワールド』のソーラ・バーチはブルースのレコ集めに励むおっさんに恋をする。

    ……といった系譜の定番化を実感する一本だ(『バス男』ネタまで!)。演技派H・スタインフェルドのハマリ具合も文句なし。荒れた不機嫌女子のお話を安心して楽しめるとは是如何に(笑)。また“怒り”の扱い方など、精神分析や心理学との密着で内容は自動更新される処があるなと。W・ハレルソン先生やH・ゼトー君など男優が超いいのは、監督クレイグ女史のお眼鏡を通過してるから?

⇒映画短評の見方

森 直人

森 直人

略歴: 映画評論家、ライター。1971年和歌山生まれ。著書に『シネマ・ガレージ~廃墟のなかの子供たち~』(フィルムアート社)、編著に『21世紀/シネマX』『シネ・アーティスト伝説』『日本発 映画ゼロ世代』(フィルムアート社)『ゼロ年代+の映画』(河出書房新社)ほか。「週刊文春」「朝日新聞」「キネマ旬報」「TV Bros.」「メンズノンノ」「Numero TOKYO (Web)」「映画秘宝」などでも定期的に執筆中。

近況: インターネット番組『活弁シネマクラブ』でMC始めました(YouTubeにチャンネル登録)。3月15日より、映画ジャーナリストの徐昊辰さん(中国映画産業の現在)の回を配信中。ほか、二宮健監督(『チワワちゃん』『疑惑とダンス』)、広瀬奈々子監督(『夜明け』)、緒方貴臣監督(『飢えたライオン』)、関根光才監督(『太陽の塔』『生きてるだけで、愛。』)、武正晴監督(『銃』)、塚本晋也監督(『斬、』)の回が配信中。アーカイブ動画はいつでもYouTubeで無料で観れます。

サイト: http://morinao.blog.so-net.ne.jp/

» 森 直人 さんの映画短評をもっと読む

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク