四次元と五次元の次は時間を超えたノーラン節

2020年9月16日 山縣みどり TENET テネット ★★★★★ ★★★★★

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
TENET テネット

タイムトラベルものの概念を軽々と超えたC・ノーランの世界観と独特な映像美に圧倒されっぱなしの2時間半! SF脳じゃないので時間の逆行の理論に最初は戸惑ったが、映像で理解させるのはさすがの演出力といえる。順行と逆行をひとつの画面に納める画期的な絵柄にただ感動。ガジェット関係もめちゃくちゃかっこいい。主人公のミッション遂行と同時に発生する数々の謎を、最後にきちんと組み合わせてパズルを完成させる展開にカタルシスというか達成感を感じる。ご贔屓のE・デビッキがドSな夫に苦しめられるヒロインを熱演していて、彼女とドヤ顔のK・ブラナーとの対決では胸がスカッとした。

山縣みどり

山縣みどり

略歴:雑誌編集者からフリーに転身。インタビューや映画評を中心にファッション&ゴシップまで幅広く執筆。

近況:リオ五輪に向けて、イケメンなアスリートを探す仕事をオファーされてしまった。最近はモデル活動してるアスリートも多いのにびっくり。

山縣みどりさんの最近の映画短評

もっと見る

[PR]