岡田准一『関ヶ原』がV2!公開2週目で10億円突破

映画週末興行成績

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
『関ヶ原』V2!! - (C) 2017「関ヶ原」製作委員会

 司馬遼太郎のベストセラー小説を岡田准一主演で映画化した『関ヶ原』が2週連続でナンバーワンの観客動員を記録したことが、興行通信社が4日に発表した土日2日間(2~3日)の全国映画動員ランキングによって明らかになった。

【画像】岡田准一主演『関ヶ原』より

 同作の先週末の成績は動員21万3,600人、興行収入2億7,130万円と落ちの少ない興行を展開。累計動員は92万1,556人、累計興収は11億2,747万2,300円となっており、公開2週目にして早くも興収10億円を突破した。

[PR]

 今週は1位から7位まで先週と順位の変動はなし。公開7週目の『怪盗グルーのミニオン大脱走』は先週末、動員13万人、興収1億6,300万円をあげて2位をキープ。累計興収は66億5,000万円を超え、日本の歴代興収ランキングTOP100入りを果たしている。

 『ワンダーウーマン』は先週末で動員11万3,000人、興収1億6,600万円をあげて3位をキープ。累計動員58万4,109人、累計興収8億1,688万400円となり、10億円突破も見えてきた。4位の『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』は土日2日間で動員7万8,000人、興収1億400万円となり、累計動員92万4,478人、累計興収11億8,628万2,500円と累計興収10億円を突破した。5位の『君の膵臓をたべたい』が累計動員227万8,993人、累計興収28億円7,311万2,500円。

 6位の『HiGH&LOW THE MOVIE 2 / END OF SKY』の累計動員は75万3,000人、累計興収9億8,500万円で、興収10億円も間近。7位の『スパイダーマン:ホームカミング』は累計興収25億円、9位の『劇場版ポケットモンスター キミにきめた!』が累計興収33億1,020万3,600円となっている。

[PR]

 世界中で絶賛されている韓国産パニックホラー『新感染 ファイナル・エクスプレス』は、満席の劇場が続出する好スタートを切っており、僅差で11位につけている。

 今週末は『三度目の殺人』『ダンケルク』『散歩する侵略者』『あしたは最高のはじまり』などが公開予定となっている。(ランキング・数字などは興行通信社、文化通信社、配給元など調べ)(取材・文:壬生智裕)

【2017年9月2~3日の全国映画動員ランキングトップ10】※()内は先週の順位
1(1)『関ヶ原』:2週目
2(2)『怪盗グルーのミニオン大脱走』:7週目
3(3)『ワンダーウーマン』:2週目
4(4)『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』:3週目
5(5)『君の膵臓をたべたい』:6週目
6(6)『HiGH&LOW THE MOVIE 2 / END OF SKY』:3週目
7(7)『スパイダーマン:ホームカミング』:4週目
8(初)『機動戦士ガンダム THE ORIGIN 激突 ルウム会戦』:1週目
9(8)『劇場版ポケットモンスター キミにきめた!』:8週目
10(初)『スキップ・トレース』:1週目

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]