ピクサー新作V3!“史上最低の映画”の裏側描くコメディーも躍進

全米ボックスオフィス考

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
V3! - 映画『リメンバー・ミー』より - (C) 2017 Disney/Pixar. All Rights Reserved.

 先週末(12月8日~12月10日)の全米ボックスオフィスランキングが発表され、ディズニー/ピクサーの新作映画『リメンバー・ミー』(2017)が興行収入1,845万2,315ドル(約20億2,975万4,650円)で3週連続となる首位を記録した。(数字は Box Office Mojo 調べ、1ドル110円計算)

幻想的!『リメンバー・ミー』特報映像

 『トイ・ストーリー3』のリー・アンクリッチ監督が手掛けた本作は、“アニメ界のアカデミー賞”第45回アニー賞で作品賞など最多13ノミネートを果たし、第75回ゴールデン・グローブ賞アニメーション作品賞にもノミネートされるなど、アカデミー賞最有力候補の呼び声高い。メキシコの祝祭「死者の日」を舞台にしたファンタジーで、累計興収は1億3,565万8,005ドル(約149億2,238万550円)に達した。

[PR]

 前回に続き変化の少ないランキングとなったが、19館から840館まで公開館を増やした『ザ・ディザスター・アーティスト(原題) / The Disaster Artist』が興収636万6,242ドル(約7億28万6,620円)で12位から4位に大幅ランクアップ。『リメンバー・ミー』をはじめ、3,000館以上で公開されている大作ばかりのトップ10内で大健闘している。ジェームズ・フランコが監督・主演を務め、“史上最低の映画”と称されるカルト作『ザ・ルーム(原題) / The Room』(2003)の製作の舞台裏をコミカルに描き、第75回ゴールデン・グローブ賞でも作品賞と男優賞という2部門でノミネートされている。

 一方、モーガン・フリーマントミー・リー・ジョーンズ共演のアクションコメディー『ジャスト・ゲティング・スターテッド(原題) / Just Getting Started』は2,161館での公開ながら興収320万1,459ドル(約3億5,216万490円)しか稼げず、10位デビューと苦戦気味だ。

 また、公開4週目の『ジャスティス・リーグ』は前回と変わらず2位で、ワーナー・ブラザースは今年、総興収20億ドル(2,200億円)を最初に突破したスタジオとなった。『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』『ダンケルク』『ワンダーウーマン』など大ヒット作を連発した結果だ。

[PR]

 今週末は、『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』などが公開される。(編集部・市川遥)

12月8日~12月10日の全米ボックスオフィスランキングは以下の通り。()は先週の順位。
1(1)『リメンバー・ミー』
2(2)『ジャスティス・リーグ』
3(3)『ワンダー(原題) / Wonder』
4(12)『ザ・ディザスター・アーティスト(原題) / The Disaster Artist』
5(4)『マイティ・ソー バトルロイヤル
6(5)『ダディーズ・ホーム(原題) / Daddy's Home 2』
7(6)『オリエント急行殺人事件
8(9)『ザ・スター(原題) / The Star』
9(8)『レディー・バード(原題) / Lady Bird』
10(初)『ジャスト・ゲティング・スターテッド(原題) / Just Getting Started』

» 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]