『アベンジャーズ』新作予告が史上最高再生数!キャップのヒゲ面が最も話題に

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
キャップのヒゲ面が話題に - Walt Disney Studios Motion Pictures / Photofest / ゲッティ イメージズ

 マーベル映画『アベンジャーズ』シリーズ最新作『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』の海外版予告編の再生回数が公開から24時間で2億3,000万回を超え、歴代ナンバーワンの記録を樹立したことをマーベルスタジオがTwitterで発表した。

ついに公開!『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』予告編

 これまで24時間での再生回数ナンバーワンを誇っていたのは1億9,700万回超えを記録した、最恐ピエロ映画『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』(今年3月アップ)。それに続く形で、1億3,900万回の『ワイルド・スピード ICE BREAK』(昨年12月アップ)、1億2,760万回の『美女と野獣』(昨年11月アップ)となっていた。『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』はそれらを大きく上回り、初めて2億の大台に乗った。

[PR]

 また、The Hollywood Reporter が入手したデータによると、『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』の同予告編が初公開されてから7時間で最もツイートされた話題は、キャプテン・アメリカのヒゲ面だったそうで、2万474のメンションがあったとのこと。その次に、スパイダーマンのスパイダーセンスについて6,100メンション、予告編の最後に登場するガーディアンズ・オブ・ギャラクシーについて5,497メンション、ブラックパンサーのセリフ「いますぐ彼に盾を(Get this man a shield)」について2,180メンション、終盤でキャップを中心にしてアベンジャーズが走るシーンについて2,108メンションとなっている。

 予告編公開から7時間での本作に関するメンション数は合計114万7,438メンションで、これに関してもトップだという。2位の『スター・ウォーズ』シリーズ最新作『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』のときで78万4,360メンションだったことから、人々の本作に対する注目度の高さが圧倒的であることがうかがえる。

 本作は『アベンジャーズ』シリーズとしては、2015年公開の『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』に続く第3弾。『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』のアンソニー・ルッソジョー・ルッソ兄弟がメガホンを取り、ヒーローチーム「アベンジャーズ」が“最強の悪役”サノスに戦いを挑むさまが描かれる。2018年4月27日日本公開。(編集部・石神恵美子)

» 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]