ADVERTISEMENT

とても満足のいく映画体験。ぜひ劇場で見るべき!

2021年12月26日 猿渡 由紀 スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム ★★★★★ ★★★★★

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム

マーベルが自分たちのスタジオを立ち上げる前にソニーがライセンス権を取得したことで、スパイダーマンは最も人気がありつつも、映画の世界では異端で奇妙な存在だった。しかも15年の間に2度もリブートされていて、観客はそのたびに同じ話を聞かされてきている。ジョン・ワッツ監督は、その事実を見事、逆手に取り、ほかのヒーローでは決してできない映画を作り上げてくれた。ユーモアと感動がたっぷりで、最後にはほろりとさせてくれる。これはぜひ映画館で見るべき作品。驚きもたくさんあるので、ほかの観客と一緒に歓声を上げたり、笑ったりしてこそ楽しいのだ。とても満足のいく映画体験を与えてくれる傑作エンタテインメント。

猿渡 由紀

猿渡 由紀

略歴:東京の出版社にて、月刊女性誌の映画担当編集者を務めた後、渡米。L.A.をベースに、ハリウッドスターのインタビュー、撮影現場レポート、ハリウッド業界コラムなどを、日本の雑誌、新聞、ウェブサイトに寄稿する映画ジャーナリスト。映画と同じくらい、ヨガと猫を愛する。

近況:

猿渡 由紀さんの最近の映画短評

もっと見る

ADVERTISEMENT